アストンマーティンのハイパーカー第3弾、公開! ヴァルキリーに続く超絶モデル。

ASTON MARTIN Project 003

アストンマーティン プロジェクト 003

ガスエレクトリック方式のハイブリッドを搭載。

アストンマーティンは、かねてから予告していたハイパーカー「プロジェクト003」の詳細を一部明らかにした。

このプロジェクト“003”とは、すでに公開されているヴァルキリー(プロジェクト“001”)と、そのサーキット専用車となるヴァルキリーAMR Pro(プロジェクト“002”)に続く、アストンマーティン、第3のハイパーカー。その開発にはF1でのコラボレーションでも注目されているようにレッドブル・レーシングが深く関わっている。

エンジンは、ターボチャージャー付きのガスエレクトリック方式のハイブリッドユニットをミッドシップに搭載し、ヴァルキリー同様に徹底したエアロダイナミクスを誇るのが特徴。それに加え、アクティブ・サスペンションシステムを搭載し、公道はもちろん、サーキット走行まで視野にいれて開発している。

特筆すべきは、日常性を考慮しているとのことで、ラゲッジスペースを装備する。ヴァルキリー及びヴァルキリーAMR Proがストイックな仕様であることを思えば、極めて現実的なハイパーカーと言えるだろう。

生産台数は、500台。右/左ハンドルの選択も可能だ。納車は2021年後半から開始されるという。

最後に、アストンマーティン・ラゴンダ社長兼グループCEO のアンディ・パーマーは、次のようにコメントを発表した。

「アストンマーティンヴァルキリーは、一度限りのプロジェクトになると常に言及してきました。しかし、ヴァルキリーの遺産を次の世代へと受け継ぐことは、私たちにとって必要不可欠な ことでした。ヴァルキリー直系となるこのモデルは、ハイパーカー市場における独自の領域で新たな基準を設定し、アストンマーティンの量産モデルと並行してラインナップを構成する、高度に専門化された限定モデルという役割が与えられることになるでしょう。今回、プロジェクト“003”を発表することができて大変嬉しく思っています。私たちは、この車とともに、ダイナミックでエキサイティングな次のステップを踏み出します」

とはいえ、まだスタイリングなども含めて、その全貌は定かではない部分が多いのは事実。実際、市場し送り出される頃には、他社からもハイパーカーが登場する時期も重なるだけに慎重になっている可能性もある。いずれにしても“ハイパー”なのは間違いないが・・・。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事