1986のゼロヨン模様。雨宮7にチョロQ・Z、超えろ10秒の壁!その3【OPTION 1986年1月号より】

注目度抜群のゼロヨン・チョロQ、が、リヤの安定性がイマイチ?
<TBOチョロQ・Z> L型3Lツインターボ/11秒54

●リヤのフィニッシュ、カッコイイんだけどね

ドライバー:小林 昌一

スタートは6000rpm、シフトポイントは7500rpm。このZ、リヤをちょん切ってからリヤが振られるようになってしまいました。でも、このリヤビューはカッコイイでしょ。そうはいってもやっぱ振られるとアクセル踏めないし、どっちかといえば恐いかな。ホイールベースなんかは変わってないんだけど。

●メカニズムチェック

リヤを切り詰めチョップドにしたTBOチョロQ・Zは、ボディカウルもFRPで車重もかなり軽量化されている。このボディに搭載するエンジンはL28改3Lツインターボ。それもエンジンマウントを約40cm後方にセットされているから凄い。東名製89mm鍛造ピストンをブチ込み総排気量は2947cc。

カムは作用角280度のオリジナル品。バルブはIN46、EX36.5φのビッグバルブを使用。燃焼室も当然、加工されている。

タービンはTD06をツインで使用。インペラーハウジングは17C、エキゾーストハウジングは8cm2の径を持つタイプが組み込まれている。キャブレターはソレックス44φでオリジナルのエアチャンバーが付く。追加インジェクターは計3本でL28純正のものを使用。インタークーラーはトラスト製SPLタイプをオリジナル加工して取り付けてある。

最高出力は400ps、レブリミットは8500rpm。軽量ボディには十分過ぎるほどのパワーだ。ミッション、サス関係もパワーに見合ったものが使用されている。4.11のデフにスーパークロスミッション、ショックはトキコ、RSST特注コイルを装着。クラッチはB&Bだ。

・・・・・・・・・・・・・・

しっかし懐かしいマシン、ショップ、ドライバーが続々登場していますねぇ。この頃を知っている方にとっては涙モノではないでしょうか? ってところで、その4へ続く。

[OPTION 1986年1月号より]

(Play Back The OPTION by 永光やすの

【関連記事】

目指せ9秒台!! 1986年ゼロヨン極限トライアル、トップタイムはタカハシタイヤ・コルベット・その1【OPTION 1986年1月号より】
https://clicccar.com/2018/10/25/643174/

目指せゼロヨン10秒の壁突破! 「オートセレクトS30Z」さすがの実力11秒台!その2【OPTION 1986年1月号より】
https://clicccar.com/2018/11/24/657344/

『Play Back The OPTION』の最新記事

クラッシュした300ZX
我が軍団、玉砕す! OPT300ZX、富士耐久レース3戦目…フォーメーションラップで散る!その2【OPTION 1986年2月号より】
クラッシュした300ZX
嗚呼悲劇。やっちまったゼ、ターザン山田! OPT300ZX、FISCOに壊滅す…その1【OPTION 1986年2月号より】
「トラスト・スーパー7Mソアラ」は、マフラー交換のみで凄い記録が出た!・その3【OPTION 1986年7月号より】
伝説の「大川ソアラ」&「ABR-Z」が昭和60年最新タイヤを最高速で試してみた!【OPTION 1985年12月号より】
「トラスト・スーパー7Mソアラ」のチューニングメニューが決定! その中身は?・その2【OPTION 1986年7月号より】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事