過走行もなんのその! 走行20万km超でもトラブルフリーなBNR34改750ps!

フジムラオート流のRB26DETTメンテナ&チューンが長持ちの秘訣!

走りのアップデートを重ねて死角なしの完熟形へと導く

サーキットでもストレスフリーな最強ストリート仕様をコンセプトに、第2世代GT-Rの走りを精力的に煮詰めてきたフジムラオート。ここで登場するBNR34は、そのデモカーの進化とともに歩んできたユーザーカーだ。

新車からコツコツとステップアップを重ねるマシンは、デモカーが走り込みで得たノウハウを積極的に吸収しつつ、サーキット主体の1台へと成長。いまでは岡山国際サーキットで1分41秒台をマークする最強ストリート仕様に仕上がっている。

速さを引き出すノウハウはデモカーから吸収するものの、その中身は決してレプリカじゃない。走り込んで不満に感じたポイントを対処しつつ、タイムアップへの最適解をつねに注入。オーバーホールのタイミングで仕様変更を重ねてきた3基目の心臓部は、ピックアップとポテンシャルのバランスが取れた2.8LとGT4088Rタービンに辿り着いた。

なお、注目すべきは19年目&20万kmに達しつつ、スポーツ走行をメインとしながらトラブルフリーなコンディションの高さだろう。これは走行前の油脂類全交換、走行後のマシンチェックという徹底した姿勢がなせるワザで、チェック時に見つかった不安ポイントは即対処。生産廃止となってしまった部分はチューニングパーツでカバーするため、意識せずとも死角なしの完熟形へ導かれていくというわけだ。

コンマ1秒を削ぎ落とすことへこだわりつつ、空力チューンは必要最小限とし、快適装備もキープしてストリートユースが問題なく行なえる1台。速さ、コンディション、快適性…と、トータルで追求していくことこそが第2世代GT-Rで目指すべき道と、その仕上がりレベルの高さから強く感じさせられた。

取材協力:フジムラオート

スペック

エンジン:RB26DETT改2.8L(750ps) ギャレット GTX4088Rタービン(設定ブースト圧1.9キロ)/HKS ピストン、コンロッド、クランクシャフト、カムシャフト(IN/EX272度)、エキマニ、ウエストゲート、F-CON Vプロ、EVC/ナプレック インテークバルブ、49φスロットル/トラスト オイルクーラー×2、ブローオフバルブ/NISMO サージタンク/ARC インタークーラー/タバタ アルミラジエター/フジムラオート ストライカーチタン

ドライブトレイン:エクセディ カーボントリプルクラッチ/クスコ LSDタイプRS(F)/OS技研 スーパーロックLSD(R)/オートギャラリーヨコハマ ゲトラグコンプリートミッション

サスペンション:アラゴスタ タイプS(Swift F20kg/mm R20kg/mm)/arc スタビライザー

ブレーキ:エンドレス モノブロックブレーキシステム(F6ポット R4ポット)/制動屋 3700R(F)、2700K(R)

タイヤ:アドバンA050(295/30R18)

ホイール:ボルクレーシングTE37SL(11J×18+18)

インテリア:レカロRS-G、SRIII/シンプソン レーシングハーネス/サイトウロールケージ 9点式ロールケージ

トラブルが出てからではなく、オーバーホール時期を正確に見極めて対処してきたエンジンは現在3基目。高回転域だけでなく、タイトセクション攻略に必要な中間域の厚みも増すべく、2.8L化にGTX4088Rタービンをセットした750ps仕様とする。

レスポンスとハイパワーの両立を目指してGTX4088Rをチョイス。フジムラオートではストリートユースまでカバーすべくVカムを提案したが、スポーツ走行には不要で、トラブル要素を増やしたくないとオーナーは判断した。

パワステベルトのトラブルでダメージを受けるケースが多かった、樹脂カバーのクランク角センサーはBNR32の金属製カバーへと変更。クーリングも含め、高めたポテンシャルをいかに安定発揮させるかにこだわっている。

快適性を犠牲とする軽量化は一切施していないが、タワーバーやマフラーといったポイントでは軽さも重視。カーボンボンネットやカーボントランクもそうしたスタンスからのチョイスだ。

フットワークは乗り心地よりも、ハンドリングとトラクションにウエイトを置いてセットアップ。ブッシュやアーム類はコンディション低下時にアップグレードさせてきた。

3度目のリフレッシュに取り組もうとしたアクティブLSDは生廃となったため、機械式LSDを投入。フロント重視のLSDセッティングをアテーサコントロールでアジャストする。

最強ストリート仕様というスタンスから、内張りやリヤシートなど快適装備はオールキープ。20万㎞走行でヤレが強く感じるようになったボディを最近ロールケージで引き締めた。

サーキットメインゆえ、タイヤは普段からアドバンA050をマッチング。Zチューンフェンダーで295/30を与えるが、295/35でサイドウォールの有効活用がタイムアップのカギになると思案中だ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事