ボルト1本にまで拘ったチューンドBNR34はオーナーとチューナーが二人三脚で現在育成中!

オーナーとチューナーが二人三脚で育てるチューンド34R

エンジン本体には手を入れずGTIII-4RタービンとVカムでパワーを底上げ!

GT-Rの名に相応しいポテンシャルを満喫できる快速ストリート仕様。オーナーが漠然と思い描く完成形に対し、先を見越したアイテムチョイスやメニューの提案で、着実なステップアップをアシストしてきたのがピットロードMだ。

まずエンジンに関してだが、ストリートではパワフルさだけでなく扱いやすさも要求される。セオリーからいくと、排気量アップで低中速領域をカバーしてのタービン交換だが、このBNR34は走行距離5万㎞台とまだまだコンディション面に不安がない状態。そこで、エンジン本体にはいっさい手を入れず、最新のタービン設計によってレスポンスと風量が高次元でバランスされたHKS GTIII-4Rをマッチングしつつ、Vカムでの低中速領域の底上げが図られた。

エンジン本体ノーマルの現状では、ブースト圧1.3キロでの600ps仕様に留まっているが、今後2.8L化へのステップアップでタフネスさが引き出した際には、ブースト圧1.8キロで700ps仕様へとアップグレードする予定だ。仕様変更によるタービン変更など出費は抑えつつ、ステップアップの途中でも満足度の高い仕上がりを手にすることができる好メニューと言えるだろう。

また、見逃せないのはオーナーが拘るレーシースタイルへのバックアップだ。『カーボン×チタンブルー』でまとめようというコンセプトを理解した上で、パイピングやフロントパイプなどのチタン化を提案。さらに、カムカバーやボディサイドのラッピングにチタンライクなグラデーションを加えるといったインパクト抜群の魅せワザも加え、走りだけでなくスタイルも完成度の高さを引き出している。

チューナーとオーナーが二人三脚で作り上げる理想の快速ストリートスペック。無駄のないステップアップと洗練されたスタイルは、多彩な仕様やスタイルを熟知するピットロードMが確固たる完成形をイメージしているからこその仕上がりなのだ。

取材協力:ピットロードM

スペック

エンジン:RB26DETT改/HKS GTIII-4Rタービン(設定ブースト圧:1.3キ)、Vカム、F-CON Vプロ、EVC6-iR2.4、インタークーラー/トラスト EXマニ、オイルクーラー/NISMO サージタンク/ピットロードM チタンマフラー、チタンフロントパイプ、チタンパイピング

ドライブトレイン:NISMO カッパーツインクラッチ/ATS カーボンLSD

サスペンション:ピットロードM TEIN改オリジナル車高調(F11kg/mm R9kg/mm)/NISMO 強化ブッシュ、スタビライザー

ブレーキ:D2 モノブロックブレーキシステム(F6ポット R4ポット)

タイヤ:アドバンネオバAD08R(275/30R19)

ホイール:ワーク VS-XX(11J×19+9)

インテリア:ブリッド ストラディアII/ピットロードM レーシングハーネス/サンラインレーシング カーボンドアインナーパネル

コストのかかる排気量アップはオーバーホールタイミングでの投入に位置付け、現段階ではエンジン本体ノーマルでのポテンシャル上乗せを模索。ステップアップ時も無駄にならないGTIII-4RタービンとVカムでの600ps仕様に取り組んだ。

クルージング領域から踏み込んだ際のレスポンス、将来的なステップアップにも対応する風量確保からHKSの最新タービンGTIII-4Rをチョイス。サクションパイプはチタンでワンオフし、色鮮やかなグラデーション仕上げとする。

バイク用のカスタムパーツを駆使して細かなボルト&ナットをチタン化し、要所にはカーボンパーツを投入。そんなオーナーの想いへと応えるべく、ピットロードMはフロントパイプのチタン化にまで取り組んだ。

乗り心地と頼もしさのバランスが要求されるストリート仕様という部分から、テインベースで仕上げたオリジナル車高調にEDFCアクティブをプラス。車速やGに応じた減衰力のオート制御で安定した走りが引き出せる。

高級感と迫力ある足元を演出すべく、ボディ同色仕上げのZチューンフェンダーと、ナチュラルに叩き出したリヤフェンダーに、ワークのVS-XXの19インチをマッチング。2ピースならではのオーダーインセットで、ツラもドンピシャだ。

ブラック×ブルー基調で展開するインテリアは、要所にカーボンパーツを投入して高級感とレーシーさを演出。ビビリ音の生じやすいカーボン製ドアインナーパネルは、現車合わせの微調整を繰り返してフィッティングを高めあげた。

単調になりやすいボディサイドを躍動感ある形状で引き締めるラッピングは、チタングラデーションをイメージして配色。デザイン面も渋めのスポーティさが引き出せるようにアレンジされた。

web option編集部

【関連リンク】

ピットロードM
http://www.pitroadm.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事