スイスポ(ZC33S)オーナーが待ちに待ったモンスタースポーツの「K200ターボキット」の実力とは? 2速でもホイールスピンが止まらない戦闘力!

K14Cエンジンで実測200psを約束する「K200ターボキット」の実力

豊富なノウハウが生み出す機能性あふれるパーツ群

先代のカルタス時代から、スズキのコンパクトロケット=スイフトスポーツを誰よりも愛し、育ててきたモンスター田嶋こと田嶋信博氏が率いるモンスタースポーツ。現行ZC33Sの高いポテンシャルに注目し、2018年はラリー、ダートラ、ジムカーナの3カテゴリーで国内最高峰のJAF全日本選手権に参戦したほどだ。

世界ラリー選手権をはじめとした様々なモータースポーツシーンで培ってきたノウハウを活かし、ZC33S用のパフォーマンスアップパーツの開発にもいち早く着手、パワートレインからサスペンション、ブレーキ、内外装までのトータルラインアップの完成に向けて、続々とパーツをリリースしている。

そのなかでも多くのオーナーが首を長くして待っていたのが、長い開発期間を経てついに発売が開始された“K200ターボキット”。核となるタービンは、純正品供給メーカーである三菱重工と共同開発している大容量のハイフロータイプで、ボルトオン装着が可能となっているのが特徴。キットには専用データがインストールされたECU「フルレンジスポーツコンピュータ」も含まれており、全域で安定したパフォーマンスアップを約束する。

狙える出力は、同社のPFX400インテークキット装着状態(K200X)で200ps! 純正インテーク仕様(K200)でも190psというハイパワーっぷりだ。インジェクターやポンプなど燃料系がノーマルのままということを考えると十分すぎる数値と言えるだろう。

なお、モンスタースポーツが拘ったのは、単なるピークパワーだけでなく、そこにいるまでの過渡特性を重視したECUセッティング。トルクの谷がないフラットなパワー特性により、ノーマル同様のストリートでの扱いやすさはそのままに、その気になれば圧倒的なパフォーマンスを発揮することが可能な味付けとなっているのである。

取材協力:モンスタースポーツ

インパクト抜群で、美しくレイアウトされたエンジンルーム。ターボキット、インテークキットのほか、シリコン製のラジエターホースやインタークーラーホースを装着する。

PFX400インテークキット(12万9000円)は、フレッシュエアを取り込めるカーボン製インダクションボックスとオープンタイプパワーフィルターで吸気効率の大幅向上が可能。

バンパー内の限られたスペースで最大限の効率アップを目指して開発中のハイフローインタークーラー。下の純正と比べて高さと厚みがアップしている。価格と発売時期は未定となっている。

K200ターボキット(17万3000〜20万6000円)は、純正と同様の三菱重工製ハイフロータービンと専用フルレンジスポーツコンピュータ、NGK製高熱価プラグまでセットに含まれる。キットは、純正インテーク用、PFX400インテークキット用、純正インテーク+フルレンジスポーツコンピュータ用、PFX400インテークキット+フルレンジスポーツコンピュータ用を前提とした4パターンが用意されている。

自動車メーカーやトップカテゴリーのレース車両と同様の工程で開発したフルレンジスポーツコンピュータ(8万5000円〜9万2000円)。ブースト圧を1.0キロから1.3キロへと引き上げ、それに伴い各種マップを最適化。レブリミットは6500rpmに設定される。

60φメインパイプ採用による排気効率の向上と、節度のあるスポーツサウンドの獲得を目指して開発したのがSp-Xデュアルスポーツマフラー。テールは100φスラッシュカットタイプを採用。価格は5万7000円。

Driving Impression

by レーシングドライバー@青木孝行

「2500rpmの低回転域から十分なパワーを発揮し、そのまま高回転までフラットにパワーが立ち上がる特性。これまで乗ったZC33Sチューンドの中でもトップクラスのパワーで、2速でもホイールスピンしてしまうほど。ロールしながらしっかり踏ん張る足まわりや扱いやすいブレーキと合わせて、まさに自動車メーカー製コンプリート並みの完成度を持ったマシンだと感じた。お見事!」

まだまだあるぞ! モンスタースポーツ発のスイスポ専用オリジナルパーツ群!

「HIGH PERFORMANCE – COMPLETE TUNING」というテーマのもと、世界のモータースポーツシーンで培ったレーシングテクノロジーを、モンスタースポーツならではの解釈でストリートに落とし込みながら開発されていくZC33S用パーツ群。どれもスイスポの性能を向上させてくれる確かなパフォーマンスを秘めていることは言うまでもない。

モータースポーツで培ったノウハウとストリートで磨き上げた品質を融合させたエアアウトレットカーボンフード。負圧効果によるエンジンルーム冷却効果のほか、ノーマル比3kgの軽量化も実現。雨水などの浸入をコントロールするインナーカバーも装備する。価格は10万2000円。

ノーマルリヤバンパーに追加することで、後方40mm、サイド30mm延長。タイヤハウスに入る乱流の最適化と、スポーティなバックスタイルを演出してくれるリヤアンダースポイラー。各種外装基準に適合するのでストリートでも安心。カーボンタイプは4万2000円、FRPタイプは3万8000円。

ルーフ形状に合わせてメインウイング、翼端板の形状と位置を吟味するなど、歴代スイフトで実績を重ねたフォルムを踏襲したカーボンGTウイング。高度な製法が求められるモノコック構造や超薄板化により、高剛性とわずか3kgという軽さを実現。保安基準適合。価格は9万2000円。

走行ステージなどに合わせたセッティングが可能な、受注生産タイプとなる最高峰のサスペンションキット“モンスターオーリンズ”。ダンパーは別タンク式となり、さらに有効ストローク確保のため、あえて全長固定式車高調としているこだわりの逸品だ。

純正で装着されているプレス成形のプレートと交換することで、ボディのねじれ剛性を強化するフレームブレースセンター。ドレスアップ効果も期待できる。価格1万2000円。

テスト車両には“タイプS2”ブレーキパッドが装着されていた。初期制動力の向上に加え、コントロール性や耐フェード性も向上させ、ストリートからワインディング、ミニサーキットなどのハードな走行まで対応。1万5000円。

追加メーターをスッキリと収めることのできるZC33S専用のメーターフードは、センターコンソールに設置する3連ポッド(2万2000円)の他、ピラー装着タイプ(1万7800円)も用意される。それぞれに52φと60φメーター仕様をラインアップ。

ヒール&トゥの操作性とパニックブレーキ時の安全性を向上させるMT専用のスポーツドライビングペダルカバーは価格7500円。フットレストカバーは3300円~。フロアマットは1台分5枚セットで1万6000円。

競技車両にも多く使われるジュラコンタイプのシフトノブは、テスト車が装着するホワイトタイプのほかにブラックもラインアップ。重量は64gでシフトパターンエンブレムも付属。価格は各4800円。

web option編集部

【関連リンク】

モンスタースポーツ
https://www.monster-sport.com/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事