オーナーだけの贅沢な愉しみ。アストンマーティンが新たなドライビングプログラムをスタート。

要望の多かったドライビングプログラム。

アストンマーティンは、2019年に新たなドライビングプログラム「AMRドライバーズクラブ」をスタートする。アストンマーティンのカスタマーは専門的なアドバイスを受けながら、世界的に有名なサーキットで走行体験を楽しむことができる。

このドライビング・アカデミーは、所有しているアストンマーティンの性能を試してみたいカスタマーや、アストンマーティンのレーシングカーでサーキットの限界走行に挑戦してみたいカスタマーまで、あらゆるドライバーのスキルに合わせた様々なレベルのプログラムが提供される。

アストンマーティン・パートナーシップのディレクター、セバスチャン・デルメールは、「AMRドライバーズクラブ」について次のように説明する。

「私たちは、これまで多くのカスタマーからこのようなプログラムに関するリクエストを頂いてきました。今回、幅広いお客様のご要望にお応えできる体験プログラムを提供できることを嬉しく思います。ここでは、アストンマーティンが設計および製造するスポーツカーの性能を試したいというお客様から、将来的にレースに参戦するため、サーキットでドライビングテクニックを磨きたいというお客様までをカバーしています」

3段階のレベルが用意されたコース。

アストンマーティンのサーキット走行プログラムは、以下の3種類のドライビングコースから構成されている。各コースにもそれぞれレベルが設定されている。

最も初心者向けのプログラムが「AMRエクスペリエンス」。初級レベルは「ディスカバリー」と呼ばれ、アストンマーティンの専属インストラクターによるマンツーマンのレッスンが行われる。次のレベルは「パフォーマンス」となり、専属のインストラクターのアドバイスを受けながら、カスタマーが所有するアストンマーティンの性能をサーキットでフルに体験することができる。

次の段階として「AMRアカデミー」の参加者は、プロのアストンマーティン・インストラクターと共にトレーニングを実施。レベル1から3まで、レベルごとに1日半をかけて最新のアストンマーティン・モデルを体験。参加者のドライビングスキルが上達すると、次のレベルとなる「AMR GTアカデミー」にステップアップすることができる。

「AMR GTアカデミー」は、1日半のコースとなり、レース仕様のGT4を使用。インストラクターとマンツーマンのレッスンにより、カスタマーのドライビングスキル向上を目指す。「AMR GTアカデミー」では、レースに参戦したいカスタマーに向けて、モータースポーツライセンスの取得をサポートするためのコースも提供している。

スパ・フランコルシャンやシルバーストーンで開催。

2019年のサーキット走行体験プログラムは、世界的に有名な9ヵ所のサーキットで開催される。多くのサーキットでF1グランプリが開催されており、それぞれが独自のコースレイアウトを特徴としている。

プログラムは、2019年3月19~20日のポルトガルの「アルガルベ国際サーキット」からスタート。さらに難コースとして知られる「スパ・フランコルシャン」、英国モータースポーツの聖地「シルバーストーン」(9月4~5日)、独特なコースレイアウトの「バルセロナ・サーキット」(9月16~17日)でもプログラムが開催される予定だ。

プログラムのパッケージ料金は750~7600ポンド(約10万7000〜108万3000円)となっており、選択したコースに応じて車両レンタル料、ホスピタリティ、宿泊施設が含まれる。

なお、AMRドライバーズクラブの詳細やプログラムの予約は、下記のリンクよりアクセスしてご確認を。

【関連リンク】
・AMR ドライバーズクラブ
http://www.astonmartintrackdays.com

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事