新型スープラを見て「ダセェ」と思った人たちよ! 刮目せよ! TRDフルエアロ仕様が早くも登場!

このスタイルならGRスープラもアリだと思わないか?

TRDらしい空力最優先のデザイン

まだ発売日どころか価格すら発表されていないA90型のGRスープラなのだが、大阪オートメッセ2019の舞台にメーカー直系ワークスであるTRDが早くもチューンドモデル「GRスープラPerformance Line CONCEPT」を登場させてきた。

チューンドモデルと言っても、市販前提のエアロパーツを装着している程度だから大騒ぎするほどの話でもないが、ノーマルを見て「ダセェ」と思った人はこのTRDフルエアロ仕様のGRスープラをジ〜ッと見ていただきたい。

フロント/サイド/リヤ+αのエアロパーツを組み込んだだけだというのに、ノーマルのアクの強さが消えていて普通にイケメンのスポーツカーに変身していると思いませんか!?

早速、ディテールをチェックしていこう。

フロントは、純正バンパー下部のアンダーリップと交換するタイプのドライカーボン製アンダーリップを装備。バンパーサイドのディフューザー形状を大きく立ち上げてボリュームアップさせつつ、ダウンフォースの増大を狙っている。

サイドステップは純正に被せるタイプのドライカーボン製エアロを装備。フロント同様にディフューザー面積を拡大して、ボディ側面に流れるエアを整流する高機能パーツだ。

ドアパネルのガーニッシュもそっくりと交換。純正はダミーダクト仕様だが、TRD仕様はダクトを廃して2本のフィンを持つフラットなデザインに変更している。こちらはウエットカーボン製とのこと。

リヤセクションは、ドライカーボン製のリヤスパッツとトランクスポイラーをインストール。どちらも他パート同様に空力を追求してデザインされた高機能エアロパーツとなる。

エアロパーツと合わせてホイールもTRDの19インチ鍛造モデルへと変更されていた。サスペンションおよび車高はノーマルのままだ。

このように、TRDは他に先駆けてGRスープラのカスタマイズの可能性を見出してくれたわけだけど、つくづく感じたのは「GRスープラはエアロ映えするクルマ」だということ。発売されたら、おそらく大半のエアロパーツメーカーが飛びついて、それぞれに個性的なスタイリングを提案してくるのだろう。

市販車はあくまで素材だ。ブサイクならカッコよくすればいい。遅ければ速くすればいい。ATが嫌ならMTを積めばいい。それを可能にするのがチューニングでありカスタムなのである。GRスープラの未来に幸あれ!

この文章はTRDブースの壁に書かれていたもの。メーカーワークスもGRスープラの登場を心待ちにしていたというわけだ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事