スバルのスペシャリストが提案するWRX STIのコンプリートフォルム!

ゼロスポーツのノウハウと魂をVABに注入!

追求したのは性能と快適性を備えたコンプリートフォルム

スバル車のチューニング人気を開拓し、専門パーツメーカーとして多くのユーザーに親しまれているゼロスポーツ。開発するアイテムはストリートで映えるスタイリングや快適性はもちろん、サーキットでの絶対的な性能と安心感も兼ね備えた製品が盛りだくさん。そのためスポーツ派が多いスバル車オーナーから高い支持を得続けているのは間違いない。そんなゼロスポーツが長年のノウハウを投入して作り上げた自信作がこのVABだ。

装着されているパーツはエクステリアから吸排気を含むエンジン系、サスペンションなどまさにフルラインアップ。全てにおいてストリートでの使用からサーキットでのスポーツ走行まで、安心して使用できるスペックが採用されている。特にフロントバンパーはダウンフォースを発生させるアンダースポイラーを一体化させつつ、バンパーのコーナー部分にはカナードも装着。フォグランプベゼルには冷却用に活用できるダクトもレイアウトされるなど、完全車検対応モデルながら本格的な機能性が加えられている。

さらにエンジンルームには純正インタークーラーへの導風板やラジエターに流れる走行風を逃さないプレートなどをラインアップ。手軽に機能性をアップしつつ、鮮やかなカラーリングでエンジンルームを彩るアイテムも多数用意されているのも、機能性とスタイリングを求めるユーザーの心を掴むポイントなのだ。

また、VABに向けたサスペンションは、キャラクターを変えたスペックCとスペックLの2種類をラインアップ。その理由はサーキットでのレスポンスと街乗りでの快適性という相反する性能を、ひとつのサスペンションで再現するのは不可能であるから。どちらのニーズに対しても妥協しないための製品バリエーションは、違いがわかるオーナーが多いスバル車専門メーカーだからこそのこだわりが詰め込まれているというわけだ。

取材協力:ゼロスポーツ

開口部のデザインやアンダースポイラーの造形など、サーキットでも機能性を発揮するスポーティなフロントバンパー。空力と冷却性能の向上というコンセプトに従った、本格モータースポーツ仕様ながらも車検対応の優れもの。フロントバンパースポイラー:14万8000円(FRP) 18万8000円(カーボン)。

ダウンフォースを高めることで、接地感を高めるカナードや、フォグランプベゼルに配置される冷却ダクトはモータースポーツ由来の設計が行われている高機能パーツだ。

サイドに流れる空気を整流しフロア下のダウンフォースを強化するサイドステップ形状。シンプルながらも機能性に富んだ設計が施されている。サイドステップ:8万円。

リアバンパーも空力を考慮したスタイリングを優先。特にマフラー周りの熱を逃がしつつ、パラシュート効果を低減させるダクトのレイアウトや、可変式のアンダーフラップによってフロア下の空気を引き抜く効果はストリートでも違いが表れる。リアバンパースポイラー:14万8000円。

センターパイプとリヤの2ピース構造によって純正比52%もの軽量化を達成。軽量なだけでなく高回転域のパワーとトルクを引き出す設計は、車検対応ながらも体感レベルでのスペックアップが期待できる。また独自のスリップオン方式を採用するため、従来のフランジモデルよりロードクリアランスが確保できるのも特徴。ワールドリーガーマフラー:12万8000円(VAB) 13万8000円(VAG)。

サーキットでのスポーツ走行などVABの本質を楽しみたいユーザーに向け、ダイレクト感のあるドライビングフィールを再現したのがウイニングRRスペックC(32万8000円)。各部の設計は走りに特化した剛性や機能性を備えている。

純正の状態ではインタークーラーの半分ほどしか走行風を当てることができないため、独自のフィン形状によってインタークーラー全体に走行風を導くためのガイドがクールアクションⅡ(2万1905円)。アルマイトカラーがドレスアップ効果も高めてくれる。

純正の樹脂カバーから変更することで、ドレスアップ性とエンジンルーム内の整流効果を高めるベルトプロテクター(8800円)。アルマイトレッドの他にもアルマイトブルーもラインアップされる。

ラジエター上部や両サイドの隙間を埋めることで、フロントグリルからの走行風を効率的にラジエターに当てるためのガイド。テストに於いては冷却水の温度が3〜5℃も下げることに成功している。クールエアインテーク:1万3800円。

純正と比べて開口部を拡大しつつ、流動形状を採用することで空気抵抗を軽減するダイレクトフローシステムボックス(7万5000円)。内部にはスーパーダイレクトフローエアクリーナーを収め、高効率の吸気をサポートしてくれる。

視認性を高めつつも自然なフィット感で60φの追加メーターを装着できるメーターフード(2万円)は、チューニングカーには欠かせない存在。純正然としたフォルムも好印象だ。

耐摩耗性に優れた特殊化学繊維を使用するフロアマットは、インテリアのアクセントとしても最適。専用のヒールパッドはかかとのホールド性も高く、見た目とともに機能性までも考えられた作り。ハイクオリティフロアマット:2万8000円。

ゼロスポーツ商品がチェックできる本社ショールームは一見の価値あり

チューニングパーツメーカーとして開発を行う一方で、本社ショールームには製品がディスプレイされるコーナーも用意している。パーツの取り付けなどにも対応するピットサービスも併設しているため、チューニングの方向性に悩んだら足を運んでみるのもアリだ。

ゼロスポーツ 北山さん

「WRXのキャラクター的に、ストリートだけじゃなくスポーツ走行にも対応できるパーツ開発を基本としています。サスペンションはVABにはスポーツ向けのスペックCを、VAGにはコンフォート仕様のスペックLを用意しています」

web option編集部

【関連リンク】

ゼロスポーツ
http://www.zerosports.co.jp

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事