「アウディ Q5」にコモンレール式クリーンディーゼルを追加。

Audi Q5 40 TDI quattro

アウディ Q5 40 TDI クワトロ

太いトルクと好レスポンスを両立させたディーゼル。

アウディ ジャパンはミッドサイズSUV「Q5」に、最新のクリーンディーゼルを搭載したモデル「Q5 40 TDI quattro」を追加。その導入を記念した限定モデルとして「Q5 TDI 1st edition black styling」を、250台限定で発売する。

「Q5 40 TDI quattro」は、1968cc直列4気筒電子制御コモンレール式ターボディーゼルエンジンを搭載した、Q5の新しいエントリーモデル。最高出力190ps、最大トルク400Nmという運動性能に加え、高い環境性能や余裕のあるドライビングフィールを実現した。緻密に制御された可変ガイドベーン式ターボは、ディーゼルエンジンならではの太いトルクに加えて、ガソリンエンジンに迫る高いレスポンスも提供する。

欧州・日本の排ガス規制に対応、エコカー現在も。

TDIユニットの排気系は、酸化触媒コンバーター、尿素SCR(選択触媒還元)コーティングを施したDPF(粒子状物質フィルター)、アンモニア分解触媒コンバーターなどから構成される。加えて高圧コモンレール式インジェクターや、低高2系統のEGR(排ガス再循環)など、エンジン本体にも最新技術を投入したことで、欧州排ガス規制「EURO 6」や日本の「ポスト新長期排ガス規制」にも適合した。

また、「JC08モード燃費」はガソリンモデルを1.7km/L上回る、15.6km/Lを達成し、モード燃費による単純乗算でも航続距離は約1100kmに迫る(燃料タンク容量:70リットル)。この結果、エコカー減税の対象車となり、2019年2月現在、自動車取得税100%、自動車重量税100%、自動車税75%の減税が得られ、減税額は「Q5 40 TDI quattro」で、24万2900円にもなるという。

装備を充実させた、TDI導入記念限定モデルも。

今回、ターボディーゼルモデルの発売を記念し、迫力ある内外装と安全装備を充実させた「Q5 TDI 1st edition black styling」を250台限定で発売。「Q5 40 TDI quattro sport」をベースに、マトリクスLEDヘッドライト、アクティブセーフティを強化するアシスタンスパッケージ、外装のブラックスタイリング(モール/ルーフレール/ミラー)、専用20インチホイールなど大幅に装備が追加されている。

【車両本体価格】
アウディQ5 40 TDI quattro:636万円(税込)
アウディQ5 40 TDI quattro sport:657万円(税込)
アウディQ5 TDI 1st edition black styling:746万円(税込)

【関連リンク】
アウディコミュニケーションセンター
TEL  0120-598-106
https://www.audi.co.jp/

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事