スバル南アフリカからWRX STIの限定車がデビュー。出力はメーカー系車輌最高の354PS!?

南アフリカ限定のSUBARU WRX STi Diamond Editionは354PS

未計測ということで、馬力について公式発表のない富士スバル限定カスタマイズカー WRX STI TC380。341HPとの発表があった北米仕様のS209。

そんななか、スバル南アフリカが独自に企画し開発したWRX STi Diamond Editionが、260kWという数値とともに登場というニュースが11月中旬に流れた。これはVABとしては最高出力の約354PS(換算値)となる。

ちなみにWRX系では、スバルUKとコスワースがGRB時代に共同開発したインプレッサSTI CS400が、395bhp(同 約400PS)という出力を発揮している。

これがスバル南アフリカのWRX STiダイアモンドエディションの専用サイト(www.sti30.co.za/)のスクリーンショット。たしかに、260kWの表記がある。こちらはSTI30周年にちなみ30台限定となっているようだ。

スタイルワゴン・ドレスアップナビ

『SUBARU・WRX』の最新記事

【新車】SUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が発売と同時に完売!?
【スバルWRX STI TYPE RA-R試乗】500台限定! S208をベースに価格を抑え、軽量化を図った走りは?
【新車】「S208」を超える!! 軽量化で走りを追求したSUBARU「WRX STI TYPE RA-R」が500台限定で登場
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事