「ベントレー・ベンテイガ」に寄木細工を使った日本限定車が登場!

Bentley Bentayga

ベントレー・ベンテイガ
A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan

「マリナー」が日本のためだけに10台を生産。

ベントレーモーターズジャパンは、日本限定特別仕様車「ベンテイガ A Limited Edition by Mulliner Exclusively for Japan」を発表した。この特別なベンテイガは、ベントレーのパーソナルコミッショニング部門「マリナ―」において、日本に向けて10台だけ生産された特別仕様車となる。

エクステリアカラーには、大地の力強さを感じる「ポーセリン」を採用し、街中でもオフロードにおいても洗練された印象を残す。足元には22インチの「マリナ―パラゴンホイール」を装着し、「ブライトクロムマトリックスグリル」や「ユニオンフラッグバッチ」など、英国らしい上質なアイテムが与えられた。

インテリアには日本らしさの象徴「寄木細工」を採用。

ドアを開けると、このモデルの象徴である「マリナ―(Mulliner)」の文字が入ったLEDウェルカムランプが地面をやさしく照らし、「マリナ―トレッドプレート」がパッセンジャーを迎える。インテリアはメインハイドに明るいホワイトの「リネン」、セカンダリーハイドに「インペリアルブルー」を採用。さらに明るいブラウンの「キャメル」の差し色を入れることで、キャビンに繊細な調和を生み出している。

この特別仕様車で初めて採用されたのが「ブラック・ダイド・マドローナウッド」。パッセンジャーシート側には、江戸時代から続く日本の伝統工芸である「寄木細工」からインスパイアされたウッドストライプが埋め込まれている。

価格は3086万円(税込)、デリバリーは2019年の第1四半期からスタートする。

【関連リンク】
ベントレー・コール TEL  0120-97-7797
http://www.bentleymotors.jp

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事