ホンダが誇る生粋の高回転型ユニット「F20C」換装でAE86を楽しみ尽くす! 縦置きVTECエンジンの魔力

VTECのF20C搭載で納得のライトウエイトスポーツが完成!!

試行錯誤の末に完成したVTECハチロク

4A-Gエンジンをベースに200ps以上を発揮させるようなチューニングをしようとすると、1馬力1万円どころではない、とてつもない費用がかかるし、1600㏄の排気量ではレーシングエンジンのようにピーキーで耐久性を損なうエンジンになってしまう。

 

そこへいくと、もともとハイパワーなエンジンを載せてしまえば、パワーもあるしパーツ類の入手など維持するための苦労も少なくなる。あらゆる面で正統派チューンよりメリットが多いと発想され、製作されたのが北海道のホットスタッフが製作したハチロクだ。

搭載されるエンジンは、ハチロクの性格にベストマッチのF20C、もともとS2000に搭載されているVTECエンジンだ。

 

当初、同じトヨタの3S-Gエンジンでも試したそうだが、ホンダのエンジンの方が吹け上がりなどキレがあり、エンジンチューンをしなくても楽しめたという。パワーも壊れる心配のないノーマルで250psと申し分ない。

ただし、このエンジン換装が簡単にできるかと言われるとそうではなく、多くの加工が必要だった。エンジンマウントはもちろん、搭載位置やミッションの大きさもハチロクのT50型とはちがうため、バルクヘッドやフロアトンネルの加工も必要になってくる。

 

また、メインハーネスはS2000のものを使うため、電装関係などどこまでハチロク用を使えるのかなど、製作時は試行錯誤の連続だったそうだ。

基本的に、エンジンはノーマルのまま搭載するので、全開で楽しんでも通常のメンテナンスだけでOK、壊れたり極端な消耗の心配をしなくて良いというのもメリットだ。

 

もちろん、ハチロクの軽量ボディにF20Cを搭載することで、加速性能などS2000を大きく上まわる部分もある。NAながらそれこそ鬼の加速が味わえるというのも納得だ。

取材協力:ホットスタッフ

 

F20Cはコンパクトな4気筒エンジンだけど、ハチロクのエンジンルームにはキツイ。スペースの問題でエアコンを装着できないなどデメリットもあるが、ハイパワーユニットへの換装で得られる楽しさには変えられない。チューンドエンジンではないので、扱いもむずかしくないし、安心して楽しめるのがポイントだ。これぐらいのパワーであれば、デフなど駆動系もトラブルフリーという。

 

F20Cエンジンはタッパもあるので、エンジンメンバーも加工し低く搭載している。そのまま載せてしまうとボンネットに干渉してしまうのだ。

 

このクルマでは、後付けでボンネットダクトを装着しているんだけど、フィン部分に干渉するためその部分を切り取っている。

 

 

S2000のミッションベルハウジングが大きいため、バルクヘッドを大幅に加工してフロアトンネルもアルミ板で製作。ただし、シフトレバーはきわめて自然に操作できる位置にきているので運転しやすい。

 

最近のクルマは大半がそうであるように、S2000もメーターユニットがないと問題が起きる。単にエンジン移植しただけではエンジンがかからないのだ。そこで、S2000のメーターユニットも移植し、ウインカーやライトなど、ハーネスを加工してつなげている部分も多い。

 

バルクヘッドの加工などで、オリジナルのヒーターが付かなくなってしまうため、リヤシート側までウオーターラインを作り、軽自動車用のコンパクトなヒーターを装着している。北海道ではヒーターは必要不可欠。

 

ノーマルの4A-Gと較べると100ps以上アップするため、ブレーキチューンは必須。フロントにはFC3Sのキャリパーを装着し、前後のバランスをとるためリヤにはS13のローターを流用して前後バランスを調整している。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事