150プラド後期をイジる! SUVカスタムの名手エルフォードの新作ボディキットが出た|トヨタ・ランドクルーザー プラド150系

■純正プラスαで個性をUP! 機能美見せる珠玉の逸品

【ELFORD/PRADO】

完成度と人気の高さから再度のマイナーチェンジを受けてロングセラーを続けるランドクルーザー・プラド。そんな150系後期プラドに対し、機能性とドレスアップの両面で魅力を倍増させたのがエルフォードだ。

ラインアップされるのは、今回紹介する新作のハーフエアロとモデリスタのエアロキット装着車向けに加えて、バンパータイプ、TRD製スポイラー装着車向けと4系統。とくに新作となるハーフエアロは、同社のレクサスLX570から踏襲されたエルフォードならではのダイナミクスが息づく。車格に対してモノ足りない片側出し純正マフラーは、両車ともに堂々の風格が得られる左右4本出しを実現した。

また、新作の真空成形を用いたリアルカーボン素材で劇的な軽量化を図れるエアロボンネットも見どころだ。エルフォードが得意とするサウンドチャンバーパイプやスロットルスペーサー等、ユーザーの満足度をUPさせる機能系パーツにも注目してほしい。

【標準バンパー車】


同社LX570のテイストを踏襲するフロントハーフスポイラーはエッジの効いたデザインが真骨頂だ。


セットで提供されるリアハーフスポイラーと4本出しマフラーは純正バンパー無加工で装着できる。


エンジンルームの排熱を促進させるリアルダクトを持つエアロボンネットは内部に排水板も備える。


メッキ仕上げのモールディングでボディサイドの高級感をUPさせる3Dウィンドウトリムキット。


フロントのハーフスポイラーには水平基調の5連LEDを持つデイランプパネルがオプション設定される。


大径22インチの迫力と細身スポークの繊細感が同居するホイールは同社オリジナルのソニックアート。

【SPECIFICATION(標準バンパー車)】

フロントハーフスポイラー 5万8000円
フロントグリル 4万5000円
フロントハーフ用LEDデイランプパネル 4万5000円
軽量エアロボンネット(カーボン) 開発中(2018.12月発売予定)
リアハーフスポイラー&4本出しマフラー 18万5000円
3Dウィンドウトリムキット 5万6000円
ホイール/ソニックアート(22×9.5J+20) 7万8000円
タイヤ/ヨコハマ・パラダ スペックX(285/40-22)-

【モデリスタエアロ装着車】


モデリスタ仕様にプラスαの存在感を付与するフロントアンダースポイラーはツートンで仕立てあげた。


水平基調のルーバーでイメージを一新させるグリルは、フロントカメラ装着車対応品もラインアップ。


モデリスタのエアロを一部カットした上で4本出しマフラー装着を実現させるカーボン製ベゼルキット。

【SPECIFICATION(モデリスタエアロ装着車)】

フロントアンダースポイラー 4万5000円
4本出しマフラー&マフラーベゼルキット(カーボン仕様) 16万円
フロントグリル 4万5000円
レーザーシェード 2万9800円
フロントシートサイドカバー 1万1000円
ホイール/ソニックアート(22×9.5J+20) 7万8000円
タイヤ/ヨコハマ・パラダ スペックX(285/45-22)-

【走りの質を高める人気の機能系パーツ】

ストレート形状のステンレスパイプ製サウンドチャンバーパイプは、吸気における抵抗を軽減すると同時にレクサス純正「サウンドクリエーター」によってスポーティな吸気サウンドを得られる。また、チャンバー容量を増加させるスロットルスペーサーは発進や中間加速時のレスポンスを劇的に向上させる。

・サウンドチャンバーパイプ

・スロットルスペーサー

【SPECIFICATION(機能系パーツ)】

サウンドチャンバーパイプ 5万8000円
スロットルスペーサー 9500円

スタイルワゴン2018年12月号よりスタイルワゴン・ドレスアップナビ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事