オフ系SUVなのに街に似合う。洗練されたフォルムのゼウス ラブライン150プラドに最新アイテムが追加

●さらなる最新パーツでアップデートされたゼウス ラブライン150プラド

【EXCLUSIVE ZEUS LUV LINE/PRADO】

悪路を走破するイメージを残しつつも街に馴染むクールさも併せ持つオンとオフの二面性を備えたエクスクルーシブゼウスのLUVライン。そんな後期プラドが今回さらなる最新パーツでアップデートされた。新着パーツの装着箇所はボンネットスポイラーとリアウイング、リアガーニッシュ、ドアミラーカバー。そして最もキャッチーなアイテム、フォグまわりに加えるデイライトキットの5種。

ゼウスといえば、3次元CAD設計&3Dプリンターで製品出力している数少ないメーカー。塗り分けまで考えられた3Dデザインのスキッドプレート風Aラインデザインのハーフエアロをはじめ、各パーツのフィッティング精度はそのため常にハイレベル。

クールさとアクティブさの融合をテーマとした今作。ユーロテイストを推し進めたプレステージな構成が印象的だ。


立体造形のハーフスポイラー。中央のバンパープロテクター風デザインに両サイドにはメッシュ付きダクトにLEDをプラス。


純正ステップへコの字型に被せる仕様のサイドステップ。使い勝手に留意しながらプラスαのボリューム感を与えたデザインだ。


両サイドに2連ダクト、センターにディフューザーを採用したリアアンダー。未装着だがLEDバックフォグの装着も可能だ。


アップデートされた新着パーツのボンネットスポイラー。ボンネット末端にゼウスらしい個性的なボリュームをプラス。


最近のゼウスを象徴する上部にスポーティな3本フィンが追加されたミラーカバー。マットブラック塗装済みで即装着可能。


オフ感を象徴する純正の「LAND CRUISER」の文字入りパネルをカバーするリアガーニッシュ。こちらも最新アイテム。


新たに追加された小振りながらも主張するリアウイング。腰下のボリューム感に負けないデザインコンシャスな存在感を発揮。


LEDの粒々感を感じさせないこだわりの極細ラインLEDで構成されるデイライトキット。高級な佇まいを一気にプラス。


音叉をモチーフとしたデュアルスポークの鋳造1ピースJuno859モノブロック20インチ。リム幅64mmの極深リムだ。

【大画面ナビをローコストで実現、8/9インチのパネルキット】

●8インチ仕様

●9インチ仕様

ビッグサイズナビをインストールできるフェイスパネルキット。8インチ仕様にはUSBポートを2口用意。さらに大型の9インチ仕様と2サイズをラインアップ。

【SPECIFICATION】

フロントハーフスポイラー 9万2000円(11万3000円/13万3000円)
サイドステップ 8万8000円(11万8000円)
リアアンダースポイラー 7万2000円(9万2000円/10万2000円)
上記3点セット 24万円(31万円/34万円)
フロントグリル 5万2000円(6万2000円)
デイライトキット 6万8000円(8万8000円)
ボンネットスポイラー 4万6000円(6万1000円)
リアウイング 4万8000円(6万3000円)
リアガーニッシュ 4万2000円(5万2000円)
ドアミラーカバー 2万6000円(3万円)
エキゾーストシステム左右4本出し 19万8000円
LEDバックフォグランプ(B)キット 4万5000円
ステンレスピラーリフレクター(4P) 2万5000円
ミラーカバー 1万円
8インチナビ取付フェイスパネルキット 4万5000円
9インチナビ取付フェイスパネルキット 4万円
ホイール/ジュノゥ・859モノブロック(20×8.5J+20) 6万円
タイヤ/ファルケン・ジークスS/TZ05(265/50-20)-

※()内は塗装済み/2色塗り分け塗装済み価格

スタイルワゴン2018年12月号よりスタイルワゴン・ドレスアップナビ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事