大切なMR2にモアパワーとアンチエイジングを! SW20愛に溢れるカナダ人オーナーが選んだ道は3.5LのV6エンジン換装だった

カナダを含む北米大陸にも輸出されていたトヨタMR2。クリーンでシンプル、そしてエキゾチックなスタイリングに惚れ込んだオーナーは、彼の地でも後を絶たない。その中のひとりであるカナダ人オーナーが、愛するMR2にモアパワーとアンチエイジングを実現するべく、モータースワップを決意。それはなんと横置きV6エンジンだった!


Timeless Beauty 〜V6スワップの誘惑〜

自ら載せ換え作業を行ったV6は1300マイルを走ってもノントラブル

カナダのバンクーバーに住むMR2オーナー、ラッセル・ターンブルは、これまでに87年式と85年式のAW10を乗り継ぎ、現在の94年式SW20に辿り着いた生粋のMR2フリークだ。職業はメカニカルエンジニアだが、プロのカービルダーというわけではなく、趣味の範囲でMR2を自らいじっている。いまでは好きが高じて近隣のオーナーを集めた『BCMR2(ブリティッシュ・コロンビアMR2)オーナーズグループ』を運営し、フォーラムを通じた情報交換も行なっているほどだ。

SW20はマイナーチェンジによって1型から5型まで細かく分けられているが、ラッセルが所有する94年式は最も大幅な改良が施された3型である。だが、カナダにおけるMR2の輸入はそれ以前の93年で終了しており、国境を挟んだアメリカでも95年が最後。そのためカナダで94年式の3型を所有することは「スーパーレア」だという。

北米仕様のSW20は、NAが2.2Lの5S-FEで、ターボは日本と同じ3S-GTEを搭載。新車当時は同じエンジン型式ながら、より最高出力が高かったカルディナGT-Tの3S-GTEへ載せ換えるのが流行ったそうだ。だが、時代が変わればエンジンスワップも変わる、という自然の摂理(?)に従い、ラッセルが愛車の載せ換えに選んだのが、同じトヨタの2GR-FE型3.5L V6エンジンだった。

日本でいえばエスティマやハリアーなどに搭載された横置き用V6で、アメリカではRAV4やカムリなどの最量販車種に搭載。ユニークなところでは、ロータスのエキシージにも採用されており、なんとも汎用性の高いユニットであることがわかる。とはいえ、プライベーターが載せ換えるとなると、さぞ大変な作業を要するだろうと聞いてみると、意外にも想像するほどヘビーなことでもないと言う。

まず、エンジンマウントはアメリカのインディアナ州にあるフランケンシュタイン・モーターワークスがクリエイトしたオリジナルのマウントキットを使用。必要なモーターマウントはそれひとつだけで、ほかはもともとMR2の純正トランスミッションに付いている3つのマウントで支持することができる。そしてトランスミッションは、96年式日本仕様のMR2から流用したE153型5速MTを使用した。

クラッチのスレーブシリンダーやトランスミッションを入れるスペースを稼ぐため、エンジンのショートパーツの一部を取り外したり、部分的にグラインダーで削ったりする必要はあるそうだが、多少の経験を積んだ人であればそれほど難しい作業ではないとのこと。ラッセル自身も排気系の作り物やワイヤーハーネスは別として、載せ換えに関わるほとんどの作業を自らこなした。

ラッセルが採用した北米仕様の09年式RAV4搭載の2GR-FEは、最高出力が270hpと、北米仕様3S-GTEの200hpとは雲泥の差。趣味でジムカーナも楽しんでいるラッセルは「ノンターボでもハイパワーだし、下からの蹴り出しもいいからすごく気に入っているんだ。吸排気やECUなど多くのモディフィケーションを加えなくてもモアパワーが得られて、ガソリンもレギュラー仕様。コストを抑える意味でもおすすめだよ」と笑う。

どうです、そろそろエンジンがくたびれてきたというSW20オーナーの皆さん。この手もアリなんじゃないでしょうか!?

北米仕様のRAV4が搭載する3.5LのV6エンジン、2GR-FEにスワップ。トランスミッションはMR2用のE153型5速MTを組み合わせ、そのE153用に作られているCRW(Chico Race Works)製強化アクスルキットをマッチングさせている。ハブベアリングとの位置合わせのために、右側のインターミディエイトシャフトに多少の加工が必要となるそうだが、ラッセル曰く、それもそんなに難しい作業ではないとのこと。カスタムメイドのエキマニは、専用マウントキットを製作したのと同じFrankenstein Motorworks製。エンジン制御はRAV4純正ECUを使用している。

2ピースモデルのマイスターS1に、オートクロス用として新調したポテンザRE-71Rを組み合わせる。KONIの車高調、Wilhelm Raceworksのジオメトリーキットを使用し、日常域で支障の出ないローダウンスタイルを実現した。ブレーキは前後ともウィルウッドの鍛造キャリパーとビッグローターのキットで、パーキングブレーキ用のキャリパーも備わる。

Shine Autoのフロントリップとサイドスカート、BOMEXのリヤエクステンションなどでドレスアップ。フロントのウインカーレンズはJDMのクリア仕様で、山のように突起した形状のサイドマーカーは同じMR2乗りのオーナーがオリジナルで製作したものだ。『All Toyotafest 2017』に参加するにあたって急遽DIYで取り付けたTRDカラーのデカールは、イベント会場でも期待以上の反響を得られたようだ。

レカロシートやTRDのシフトノブが装着されている以外は、一見してノーマル然としているインテリア。だが、シフトブーツやパーキングブレーキブーツは新品のレザー製に交換され、写真ではわからないが空調パネルをLED化したり、ルーフライニングをブラックスエードで張り替えたりと、目立たないところでしっかりリファインされている。ステアリングは05年式のセリカ用を使用。

カリフォルニア州ロングビーチで開催された『All Toyotafest 2017』に参加するため、バンクーバーからはるばる1300マイル(2092km)の道のりを自走で走りきったラッセル・ターンブルと新妻のソーニャさん。2泊3日のドライブもノントラブルでこなし、「いいバケーションになったよ!」と笑顔だ。やはり大陸育ちの人々は日本人と距離感覚が根本的に違うのである。

スペック

エンジン:2GR-FE/06年式トヨタRAV4用ECU/Frankenstein Motorworks 2GRエンジンマウントキット、エキゾーストマニホールド/Wiregap MR220Vエンジンワイヤリングハーネス/ヒューズボックストランク内移設/スープラ(ツインターボ)用フューエルポンプ/Aeromotive アジャスタブルフューエルプレッシャーレギュレーター、フューエルプレッシャーゲージ/SpeedSyndicate カスタムYパイプ/TCS Motorsports グレッディSPスタイルエキゾースト/K&N インテークフィルター

駆動系:96年式MR2用E153トランスミッション/Quaife トルセンLSD/Fidanza 軽量フライホイール/South Bend Clutch ステージ2エンデュランスクラッチキット/CRW ステージ2ヘビーデューティCVアクスルキット/Cam’s Auto シフターベースブッシュ/Speed Source シフトケーブルベアリング、ウレタン前後マウント

■サスペンション:KONI アジャスタブルショック/Eibach プロキットスプリング/TRD フロントスウェイバー/純正17mmリヤスウェイバー/Prothane サスペンションブッシュ/VMAX クイックレシオステアリングピニオン/パワーステアリングレトロフィット/Wilhelm Raceworks サスペンションジオメトリーキット

ブレーキ:Wilwood 前後フォージドスーパーライトキャリパー、MC4パーキングブレーキキャリパー、BP-10パッド、ウルトラライトローター、アジャスタブルプロポーショニングバルブ/93年式MR2ターボマスターシリンダー、ブレーキブースター/Techna-Fit ステンレススチールブレーキライン

■ホイール:WORK マイスターS1 2ピース(F8.0J×17+40 R9.0J×17+42)

■タイヤ:Bridgestone ポテンザRE-71R(F215/45R17 R245/40R17)

■エクステリア:Pegasus H7プロジェクターヘッドライトハウジング/GiSi 6000k HIDハイローライトコンバージョン/JDMクリアフロントシグナルレンズ/KO Racing エンジンリッドストラット/Wolfie308 クリア“トブラローネ”レンズ/Shine Auto フロントリップ、サイドスカート

■インテリア:TRD シフトノブ、レプリカショートシフターレバー/RECARO SRDシート/BRIDE シートレール/05年式セリカ用ステアリングホイール/Twos’r’us MR2純正レプリカフロアマット/Redline Accessories シフトブーツ、パーキングブレーキブーツ/JDMアルミ製サイドシル/カスタムLED空調パネル/カスタムブラックスエードヘッドライナー/Cam’s Auto トランクストラットキット

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事