【東京オートサロン2019情報】ドリフト界の巨匠「のむけん」こと野村謙がスカイライン(ER34)の新作エアロを発表!

片側75mmワイドの貼り付けフェンダーが大迫力!

D1グランプリシリーズの人気ナンバーワン選手として活躍し、2018年シーズンをもって現役を引退した“のむけん”こと野村謙さん。野村が代表を務めるショップ・URASでは、東京オートサロンで毎年のようにエアロを発表しているんだけど、今年はER34スカイラインの新作・TYPE-RZがデビューした。

フロントバンパー、サイドステップ、リヤバンパーの形状は、GT-Rっぽさをかんじさせつつも迫力ある形状になっており、別売のアンダーブラップを追加することでさらに精悍なイメージに仕上げられる。なお、価格は各3万9800円とのことだ。

最大の特徴は大迫力の貼り付けフェンダーだ。「去年は2ドア用だったから4ドア用を!ってことでバーフェン形状だと、けっきょくどれも似たようなカタチになってボツ…。こりゃいかん! とブリスター形状で作り直したのがコイツばい!」と野村さん。前後とも片側75mmワイドとなっており、ドリフト競技の規則も考慮された出し幅になっている。

フロントフェンダーは1ピースものだが、リヤフェンダーはフェンダー部分とドア部分にまたがる2ピース構成となる。価格はフロントフェンダーが2万9800円、リヤフェンダーが5万9800円となっている。

web option編集部

『東京オートサロン2019』の最新記事

【日本グッドイヤー キーパーソンインタビュー】未来に向けて積極的な開発を続けるグッドイヤー(PR)
綺麗なお姉さんは好きですか? オートサロンで見かけたお姉様厳選5選【東京オートサロン2019】
【東京オートサロン2019】会場唯一?ジムニー・シエラの排気系チューン車輌を発見
ジムニーシエラ ピックアップ スタイル、市販の可能性を開発者にインタビュー【東京オートサロン2019】
「はがせるペイント」でクルマのボディにアートペイント。隠されたメッセージに心安らぐ【東京オートサロン2019】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事