新型デリカD:5をカスタムするとどうなるか!? エアロパーツ装着のイメージCGが最速公開

●だからCUSTOM は楽しい!
新型デリカD:5 最速カスタムCG!

【JEPPESEN/DELICA D:5(ジェップセン/デリカD:5)】

新型デリカD:5は、先進の安全装備が付いたり、走りが良くなったり、乗り心地や静粛性が高まったりと、ミニバンとしての魅力、クルマ本来の機能的な魅力は、かなりの進化を遂げている。ただやはり、このフェイスの衝撃的な進化は、しばらく見慣れないという人も多いのではないか。

そこで効果を発揮するのが、“カスタムの実力”なのだ。ここに紹介するのは、いち早く作られたアフターメーカーによるカスタムCG。手掛けたのは、2018年にデリカD:5などのオフ系カスタムに向けたホイールブランド、ジェップセンの展開をスタートさせたTUSジャパンだ。TUSジャパンは以前にプリウスやヴェルファイアなどのエアロパーツを手掛けてきた経緯もあり、ボディキットへの造詣も深い。

新型デリカD:5に対しては、フロントバンパーを中心に、ジェップセンとしてエアロパーツを開発予定。オフ系っぽいイメージへと引き戻すようなスパルタンな雰囲気で、グリルの面積を小さくし、ヘッドライトまわりの造型をセンターに絞り込むことでエッジの効いた力強さを演出。純正とは異なるタフさも持ち合わせたフェイスを作り上げる。ホイールはもちろん自社ブランド、ジェップセンのMJCR#012。ルーフキャリアやサイドステップはカディス製の前型デリカD:5用を合成。ランプ類も加えて、いかにもデリカらしいシルエットを実現する。

作成当初のCG。基本デザインはすでにできあがっているが、これをベースにブラッシュアップ。

フロントアンダーにラインを加えてスタイリッシュさをプラス。追加フォグも点灯状態に。

ダクト部分に大型のフォグランプを追加。オフ系カスタムらしい力強いフェイスを強調。

ドレスアップ=見た目は、基本的に人の好みなので、新型デリカD:5に関しても、ノーマルが良いという人ももちろんいるだろうが、カスタムすればこんなにも変わる。だからカスタムはオモシロイのだ。実際にパーツがリリースされるのはまだまだ先だが、すでに新型を予約済みという人は妄想を大いに楽しもう。

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部

【関連リンク】

TUS JAPAN
TEL:042-520-8720
URL:http://tus-inc.com

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事