【東京オートサロン2019事前情報】ヨコハマホイールは第三世代の「アドバンレーシングRS」を発表! 10年ぶりにモデルチェンジする旗艦モデルを見逃すな!

アドバンレーシングブランドから新作ラッシュ!

SEMA発表のR6の美しさも要チェック

屈指のホイールデザイナー萩原氏擁するヨコハマホイールの目玉は、アドバンレーシングの旗艦モデル「RS」の第三世代モデルだろう。

10年ぶりのモデルチェンジとなる今作は、大幅にイメージを刷新した上で「RSIII」というネーミングで出展される。

10本スポークの基本デザインを踏襲しつつ、高剛性化を図ってスポークの縦断面を強化。その一方でホイール正面からのスポーク幅はかなりシャープなものとなったため、より繊細なイメージへと深化したと言っていい。

また、SEMAショー2018で先行発表されたR35GT-Rターゲットの『アドバンレーシングR6』も日本初公開される他、大好評の『アドバンレーシングTC-4』の新色など、新作盛りだくさんの内容となっている。

取材協力:ヨコハマホイール

ADVAN Racing RSIII

最先端の鋳造技術と解析技術で、新デザインが与えられたRS。スポーク断面を高くして剛性アップする一方、スポーク幅は細くされた。その上でスポークサイドにはアドバンスド・サイドカット処理で軽量化を実施。大胆なコンケイブも魅力だ。

ADVAN Racing R6

細身の6本スポークに、ステップリムを持つ『RG-D2』デザインを、金型鍛造製法の採用で20インチ化したのが『アドバンレーシングR6』だ。大径化によって細身をキープしながらロングスポークを実現。ステップリムの内側から立ち上がるスポークのコンケイブと、ディープリムは見応え抜群。

ADVAN Racing TC-4A

東京オートサロン2018で発表され、GTに迫るカッコ良さを持つ5本スポークとして大人気の『アドバンレーシングTC-4』。新色として追加ラインアップされる白は、ソリッドではなく、微粒子メタリックを追加することで独特の深みのある白を表現しているのだ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事