【TOPIC】新型「ポルシェ マカンS」を自由自在にカスタマイズ!

Porsche Macan S

ポルシェ マカンS

ポルシェ エクゼクティブ マニュファクチャーのプラン

ポルシェのカスタマイズ部門である「ポルシェ・エクゼクティブ・マニュファクチャー(Porsche Exclusive Manufaktur)」は、新型マカンSをベースに多彩なカスタマイズプランを用意している。

今回、発表されたボルケーノ・グレイ・メタリックにカラーリングされたマカンSは、視覚的・技術的に特別な装備がいくつも与えられている。中でもシルバーかブラックから選択可能な独自のテールパイプデザインを持つオプションの「スポーツエキゾーストシステム」は、技術面でのトピックのひとつだ。

このスポーツエキゾーストシステムは、ベースモデルよりもスポーティで、エモーショナルなエキゾーストノートを演出。センターコンソールのスイッチひとつで、強力なサウンドを楽しむことができる。迫力のサウンドが約束されたシステムだが、エキゾーストサポートとリヤのサイレンサーによって、そのサウンドは最適化されており、ドイツの騒音規制にもしっかりと対応しているという。

全体をボディ同色でコーディネート

そのスポーティーなプロポーションとコンパクトなデザインから、マカンはSUVのアスリートと呼ばることが多い。その絶妙なディメンジョンにより、エクステリアは若々しく、筋肉質な印象を見るものに与える。今回、その印象をさらに強めるべく、ボディ同色にペイントされたフロントセクション、サイドシルパネル、サイドエアインテーク、リヤディフューザーなどで構成された「スポーツデザイン・パッケージ」を採用した。

さらに個性を強調するプランとして、ドアハンドルをボディ同色ではなく、あえて光沢のあるブラックとしている。足元はボルケーノグレイの外装色に合わせて、ボディ同色のラッカー仕上げ20インチ「マカン・ターボ・ホイール」とした。ホイールのペイントはボディとは別のプロセスで色調整が行われた。特にリムの塗装はボディカラーと完璧に一致するまで、徹底的に繰り返されたという。

ブラックとベージュのレザーのコンビネーション

インテリアのカスタマイズは高級素材の使用や、カタログモデルとは異なる配色の組み合わせやモノカラーでの統一などがある。今回、ポルシェ・エクゼクティブ・マニュファクチャーは、ブラックとモハベベージュという2色のレザーをチョイスした。メインはモハベベージュが用いられ、シートセンターやセンターコンソールがブラックとなり、コントラストの効果を生み出している。

シートコンソール、ステアリングコラム、フロアマットの縁取りなどに、アクセントとしてレザーを用いることも可能だ。今回は仕上げとして、メーターの文字盤、スポーツクロノウォッチ、シートベルトなどをベージュに統一したことで、全体的な調和が生まれた。また、レザーだけでなく、シックなチェスナットウッドなどの木材をチョイスすることも可能となっている。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事