【STUDIO SATO FAIRLADY Z(HS30)】チューナー魂に感服! 伝説のLYクロスフローをRB20Eヘッドで再現! 

拘りに贅を尽くした至宝のL型ユニットを搭載

当時の雰囲気を再現したCF-Lエンジンはクールな240ZGを演出する

1969年デビューの初代フェアレディZ(エスサンマル)は、総生産台数が55万台という日産スポーツの大ヒットモデル。日本国内だけでなく、未だに欧米にも多くの熱烈マニアが存在するなど、時代を超えてその人気が保たれている。

エスサンマルのことは知っている人がほとんどだと思うけれど、当時日産大森(現NISMO)からレース用オプションパーツとしてクロスフロータイプのヘッド(LYヘッド)が供給されたのを知っているだろうか。フェアレディZのワークス系レース車両が搭載していたスペシャルエンジンというわけだ。

一部、一般ユーザーにも販売された様子もあるが、ヘッドだけで約300万円もしたため一般にはほとんど出回らず、今では幻とも言われている。実際にLYヘッドの現存数はおそらく10機ほど、実働状態の搭載車はわずかの5台とも言われている。

そんな幻のヘッドを、RB20Eのヘッドをベースに見事に再現し搭載した車両が今回紹介する240ZG。

じつのところRB系エンジンは、当時の日産の生産ラインの都合によりL型6気筒エンジンと気等間ピッチ等が共通で、RB20特有の7点支持カムシャフトは、ヘッド中心からリフターを介してロッカーアームを作動させ、LYヘッドよりカム位置を下げた、ある意味進化したエンジンと言える存在なのだ。

このことに気がついたスタジオ・サトーの佐藤さんは、L型エンジンの腰下にRB20Eのヘッドを組み合わせ、LYヘッドを彷彿とさせるクロスフローヘッドのL型エンジンの製作を計画。構想10年、実際の製作に約2年を費やし、ついに完成までこぎ着けたというわけだ。

まだ完成したばかりで、そのポテンシャルは引き出しきれていない側面もあるが、資質はじゅうぶんの手応えを感じられる。今後、組み合わせるキャブのベンチュリー径やジェットの微調整、あるいは2号機以降で、ハイコンプピストンの投入などをしていけば400psに迫る可能性もあるのではないかということだ。

このRB改ヘッド搭載のエンジンは“CF-L”と名付けられ、スタジオ・サトーでヘッドコンプリート販売されることになっている。その費用はキャブやタコ足を含まない、最低限のヘッドを搭載するための加工やパーツや鋳物の製作物を含めて、仕様により120万円~になるとのこと。

取材協力:スタジオ・サトー

まだ7割程度のセッティングだが、目標出力はビックバルブ、76度カムシャフトに一般的なL型3.1L仕様ブロックの組み合わせで300ps程度。それ以上の出力を狙うならば、ピストントップ形状を専用設計した高圧縮ピストンを使う必要があるとのこと。ちなみに、このエンジンの腰下はプレーリーピストン、L20コンロッド、LDクランクという一般的な組み合わせ。

深紅の結晶塗装が美しいタペットカバーや、フロントカバー、オイルパン、インマニなどはこのエンジンを製作するために鋳型から起こしてアルミ鋳造で製作したもの。タペットカバーの形状は、もちろんLYヘッドをモチーフにしている。オイルパンは、エンジンの傾きを変更するために必要となって製作された。アルミ鋳物のため、ブロック剛性アップにもひと役かっている。RBエンジンはベルト駆動のため、カムギヤなどは交換されL型と同じチェーン駆動に改造されるなど、実際に組み合わせるには多くの加工が必要となる。

④フロントにはFD3Sの4ポットキャリパーを使い制動力をアップ。ちなみに、ターンフロー化した際にキャブと干渉してしまう可能性があったためマスターバックはキャンセルされた。

ダットサンのコンペハンドルやバケットなど当時のスタイルにこだわったインテリア。

ミッションは、逆に傾いたエンジンとちょうど角度があったDR30用6速マニュアル。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事