【Rocky Auto FAIRLADY Z】老舗チューナーが手がけるストレスフリーのS30コンプリート!

強靭なボディに快適なエンジン! 安心して乗れるセレブリティコンプリート

旧車を現代で乗るためのチューニング

S30Zと言ってもそのモデル編成はかなり幅広く、レース仕様として開発されたS20ツインカムユニット搭載車のZ432を筆頭に、排気量をアップしてGノーズと呼ばれるロングノーズスポイラーを装着した240ZG(L型2400cc)、輸出仕様のL型2600、2800cc搭載モデルなどが存在する。とはいえ、国内モデルの中心を占めるのはL20エンジンの搭載モデルだ。

ここで紹介する車両はそんなS30ZをベースにRB25DEを搭載した1台だ。愛知県のロッキーオートが「当時、憧れていた」という世代に向けて提案しているフルレストア+ハイテク搭載のコンプリート販売モデル。

その特徴は、時間やコストを省みずにフルレストアしつつ、その際には大幅なボディ補強を行って現在の交通事情にマッチするように仕上げていることだ。

ちなみに、ロッキーオートがやみくもにパワーアップに走らず、RB25DEという決してハイパフォーマンスとは呼べないエンジンをユーザーに薦めるのは理由がある。

シャシーや乗り手がパワーに負けると楽しいはずのカーライフが楽しくなくなってしまう場合があるからだ。実際に、1000kg程度のボディなのでNAチューンのRB25エンジンでも驚くほど軽快な走りを楽しませてくれる。エンジン本体は240psまでチューニングされているので、L型の3Lチューンと同等と考えていいかもしれない。

もちろん、セレブな大人が乗りまわすには各機関の不安解消は不可欠。そのため、快適装備はもちろん最新のフルコンで綿密に制御してどんなシーンでもセル1発始動、渋滞で水温を気にする必要もなしだ。

車両の内容はセミオーダーとなっており、最新AT仕様の製作例も多数あるということだ。

取材協力:ロッキーオート

RB26用の6連スロットルをインマニ加工で装着。インジェクションの6連スロットルはレスポンスアップに効果的だ。

エンジンマネージメントは信頼性の高いHKSのF-CON Vプロだ。

このS30に乗ってまず感じるのはブレーキフィーリングの良さ。現行車と変わらないフィーリングの源は、R33から流用したブレーキマスターによるものが大きい。またフロントのR32用キャリパーをはじめ、前後とも15インチホイールが履けるサイズでディスクブレーキ化されている。車高調はオリジナルのアラゴスタで全長調整式、乗り心地はしなやかだ。

割れの起こりやすいダッシュボードはカーボン製のダッシュカバーで

エクステリアからは想像しにくいがオートエアコンも装備される。レストア時にバルクヘッドを加工して自然に見えるよう装着しているのがすごい。

ステアリングシャフトを改造して電動パワステを装着。油圧タイプと比べての遜色ないしパワーロスも最低限。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事