【TOPIC】「ベントレー コンチネンタルGT」世界各国で受賞続く。

ベントレーの母国イギリスに加え、ドイツや中国でも高評価

ベントレーが投入した新型「コンチネンタルGT」が各国で高い評価を受け、数々のアワードを獲得している。イギリスでデザイン・開発され、熟練工によって手作業で組み上げられる3代目コンチネンタルGTは、誕生の地イギリスだけでなく、中国、ドイツ、ロシアなどで、19ものアワードを受賞した。

ファッション誌GQマガジンは「ベスト・インテリア」アワードに、コンチネンタルGTを選出。同誌は「ベントレーのチャレンジはハイテクと驚くべき贅沢とが交わる場所に、抜群のスイートスポットを見つけること。その挑戦は成功している。ベントレーは見事なインテリアを作り出したが、それだけでは終わっていない」と、絶賛。

BBCトップギア(Top Gear)マガジンは、「GTオブザイヤー」という称号を与えて、コンチネンタルGTのエンジニアリングの奥深さを「地球上で最も完成されたGTカーの1台」と讃えた。さらに「入り組んだ小道を今までよりずっと通りやすくなった」と、運転のしやすさが向上したことも付け加えている。

初開催のニューズUKモーターアワーズ(News UK Motor Awards)はコンチネンタルGTを「ラグジュアリーカー・オブザイヤー」に選出。審査員は「そのキャビンは、オテル・ド・パリ・モンテカルロのプリンセス・グレース・スイートに指名されたのかと思えるほどにゴージャス。多くのスポーツカーとは異なり、旅が始まった時も、到着した時と同じくらいに寛いだ気分になれる」と、快適性を高く評価した。

さらに、ドイツのデザインアワードでも「ベスト・インテリア」と「ベスト・エクステリア・プレミアムブランド」を受賞。中国のソーフー(捜狐)オートは「グランドツアラー・オブザイヤー」を獲得。ロシアのプライム・トラベラー誌(Prime Traveller)による「ベスト・グランドツアラー・フォー・トラベリング・イン・ヨーロッパ(欧州旅行に最適なグランドツアラー)」も受賞した。

ベントレー・モーターズ会長兼最高経営責任者(CEO)を務めるエイドリアン・ホールマークは、コンチネンタルGTの高評価に喜びを隠さない。

「世界中の専門家の皆さんが、ベントレーが最高級のグランドツアラーを開発したことを認めてくれました。私は、コンチネンタルGTが、これほど多くの国々で高い認知度を得たことを嬉しく思っています。2019年には、新型コンチネンタルGTコンバーチブルが、この高い評価の後に続くことになるでしょう」

【関連リンク】
ベントレー・コール TEL 0120-97-7797
https://www.bentleymotors.jp

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事