【SUPER TUNED MEMORIES】類稀なる気高さを秘めたチューンドBNR34!【Do-Luck SKYLINE GT-R】

ドゥーラックらしいハイセンスな造形美

GT-Rを愛し続ける気持ちはエンドユーザーと共に

このBNR34はドゥーラック代表の伊藤さんが新車から乗りつづけている宝物であり、これまでに数多くのオリジナルパーツを生み出す原動力にもなったデモカーだ。

2002年の東京オートサロンでスポーティーカー部門の優秀賞に輝き、その年のSEMAショーに出展するなどメジャー舞台で活躍したことから、世界的に有名なチューンドRとも言える。

当時のイメージカラーであったダークパープルからスカイブルーパールにリペイントされているが、車両の内容はおおよそ当時の延長線上にあるという。しかし、当時のままに近いと言われて車両を眺めても全く時代の差異を感じさせない。ドゥーラックのエアロデザインやエンジンメイク、インテリアカスタムのコンセプトがいかに優れていて、時代を先取りしていたかという証だろう。

ところで、この車両のコンセプトやターゲットステージは? と聞くと、とくに何かステージを定めたというわけではなくあえて言えば“スペシャリティなストリート仕様”だという。どこにでも行けて、このGT-Rを見たクルマ好きにカッコいいと感じてもらうことがイチバン大切、そしてアクセルを踏みこめば負けない走りができるパワースペックを与えたという感じだ。

エンジンは2.8L化され、組み合わされたタービンはTO4Z。極端なパワー追求型ではないが、耐久性と速さのバランスのいい出力設定。約670psを出力があればハイスピードステージでもトップグループと肩を並べる戦闘力を発揮することだろう。

エクステリアパーツはほぼ全てオリジナルのドゥーラックブランド。GT-Rの気品を失うことなく戦闘力の高さを想像させる絶妙な仕上がりを見せている。また、カラーリングも美しくまとまっていて、スカイブルーパールの輝きとカーボンパーツのコントラストは他車に溶け込むことなく、このGT-Rの存在を主張してくれる。

取材協力:ドゥーラック

排気量を2.8Lに排気量を拡大し、HKSのTO4ZタービンやNISMOのサージタンクなど手堅いパーツセレクトでまとめられた670psのRB26ユニット。ストリート仕様としてトラブルの心配もないチューニング内容は、まさに今GT-Rオーナーから求められているものと言える。制御はF-CON Vプロによるものだ。

リヤバンパースポイラーは下部にVスペック用のリアディフューザーをセットできる形状。マフラーはメイン90φで大型のサイレンサーを備えたフルストレート。テールは下方に向けたドルフィン形状。

ストリート仕様とはいうが、ハードな走行も想定し、トランク下部にはデフクーラーも備える。

室内にはストリートマシン用の補強に開発された、リヤテンションケージ、リアクロスバーなどオリジナルの補強パーツが組み込まれる。また、左右ともにAARのバケットシート、ハーネスはチームテックの3インチモデルを装備する。

サイドシル下面に装着されているのは、オリジナルのフロアサポートバー。縦方向の入力を受け止めるのはもちろん、サスペンションからの入力が、ドライバーにダイレクトに伝わるなどメリットの大きなパーツ。

アルミ製のタワーバーは、剛性アップはもちろんGT-Rのエンジンルームにふさわしい形状まで追求されたオリジナル。アルミ無垢の質感がスパルタンな印象を醸し出す。

ブレーキシステムはフロントにアルコンのモノブロック6ポットに355mmローター、リヤにアルコン4ポットキャリパー+315mmローターという組み合わせ。サスペンションはHKSのハイパーマックスダンパーPROにイケヤフォーミュラのアーム類を組み合わせる。

センター部をほんの少し高くしたボンネットは、内部に走行風の流路が作られ、NACAダクトから取り込まれたエアをボンネット後端から排出する不圧を利用し、エンジンルームの熱気を抜き出すシステムが組み込まれた高機能パーツ。

ボンネットに加えてトランク、ミラー、ウイングなどをカーボンパーツとすることでビジュアルを引き締める。これらは全てドゥーラックのオリジナルパーツだ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事