【TOPIC】ベントレー モータースポーツが2019年のレースプログラムを拡張!

世界最高レベルのGT選手権で総合優勝を狙う!

ベントレー・モータースポーツは、2019年にブランパンGTシリーズ耐久カップとインターコンチネンタルGTチャレンジの両シリーズに参戦する。シーズン中、もっとも長丁場のビッグイベント、スパ・フランコルシャン24時間(ベルギー)のプロクラスには4台をエントリーする予定だ。

第2世代の「コンチネンタルGT3」の開発成功を受け、ベントレー・チームモータースポーツは2台のレースカーと6人のワークス・チーム・ドライバーという陣容で、世界最高レベルの2つのGT選手権に参戦する。狙うのはもちろん総合優勝だ。

とりわけスパには、プロクラスに2台を追加エントリーさせ、ドライバーも今後数週間以内に確定する予定だという。

ワークス・チーム・ドライバーの6名全員が来シーズンも残留ことで、安定した競争力を発揮するだろう。メンバーはビンセント・アブリル(モナコ)、ジュール・グーノン(フランス)、スティーブン・ケイン(英)、ジョーダン・ペッパー(南ア)、アンディ・ソーセック(スペイン)、マキシム・ソレット(ベルギー)の6名。

また、拡張プログラムではカスタマー・チームのドライバーをセントラル・チームに昇格させる。これはジェントルマンドライバーを大切にするベントレー・モータースポーツの伝統だ。カスタマー・チームのドライバーにとっては、ブランパン・スプリント・シリーズで優勝したアブリルや、ベントレーABTチーム出身のペッパーの足跡をたどるチャンスとなる。

ベントレー・モータースポーツ・ディレクターのブライアン・ガッシュは次のようにコメントする。

「GT3プログラムを始めた当初から、ブランパンGTシリーズ耐久カップは当社の車両の性能を実証し、顧客が世界中で競争できる理想的な舞台になっています。一方、インターコンチネンタルGTチャレンジは、ヨーロッパ以外にレース活動を拡張する足がかりになります。当ブランドの存在感を世界に示すのに不可欠なステップです」

ガッシュはチームが必勝態勢でシーズンに備えていると明かす。

「来シーズン、6名のワークス・チーム・ドライバー全員が残留できたことを嬉しく思います。スパでは、世界のカスタマー・チーム・プログラムから選りすぐりのドライバーに操縦を委ね、少なくとも1台を走らせる予定です。これが決まれば、さらに4台目の選択に入ります。ベントレーにとって最も重要なのは、レースに勝利できるドライバーで構成された4つのチーム体制でスパに臨むことです」

「今年と同様、2019年もカスタマー・チームのドライバーはスーパーGT、ピレリ・ワールド・チャレンジ、英国GT選手権、GTマスターズ、ブランパンGTシリーズ・アジアに当社のチーム・サポートを受けて参戦し、価値ある経験と知識を共有することになります」

ブランパンGTシリーズ耐久カップはモンツァ(イタリア)、シルバーストーン(英)、ポール・リカール(フランス)の順で開催される。ベントレーがとりわけ力を入れるスパは、第4ラウンドになる。スパの後は、ニュルブルクリンク(ドイツ)が続く。

また、スパのインターコンチネンタルGTチャレンジでは、バサースト12時間レース(オーストラリア)とラグナ・セカ8時間レース(アメリカ)の後、第3ラウンドとして開催される。これに続く鈴鹿10時間耐久レースでは、私たちもベントレーの勇姿を生で見られることになる。

過去の栄光に満足することなく、さらなる挑戦を続けるベントレー。モータースポーツの老舗ブランドの活躍を期待したい。

TEXT/相原俊樹(Toshiki AIHARA)

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事