【TOPIC】過去最高傑作「フェラーリ」の超豪華本が発売!

完全限定1947冊のみ!

これまで数多くフェラーリを扱ってきた豪華本の中でも、これほど究極的な作品はないだろう。

創業時の1947年から70年間にわたるフェラーリの功績をさまざまな視点から写真や記事などで構成した超豪華本が発売された。制作したのは、ドイツ発の世界的アートブックブランドの「TASCHEN(タッシェン)」。フェラーリが所有する数あるアーカイブから使われた写真や図面、スケッチのほか、個人コレクションまで収集し、これまで世に出ることのなかった貴重な写真や情報が満載されているのが特徴。創始者エンツォの勇姿やF1での勝利シーンの数々、またロードカーのストーリーのほか、フェラーリに関わったドライバーのコメントなどをすべて揃えるなど、資料性の高い写真集としても楽しめる。

著者はイタリアでジャーナリストとしても活躍するピノ・アルイエヴィ。元々フェラーリ関連の書物を数多く執筆した経験があるうえ、本書のために何年にもわたって多くの文献を研究したというからその内容は必見だろう。

超豪華本ゆえにデザイナーも著名人を起用。オーストラリア・シドニー生まれのマーク・ニューソンが手がけ、シドニー大学でジュエリーや彫刻を学んだ経験を活かして本作をデザイン。往年のフェラーリ12気筒エンジンをモチーフにした赤いヘッドカバー調のケースに収められ、V型エンジンを左右に開けると本体が現れるという粋な仕掛けも魅力だ。しかもそのケースは、鋳造アルミニウム製、クローム部は本物同様にサンドブラスト処理され、赤のペイントもフェラーリが実際に使用していたものと同じというから手が凝っている。

無論、注目はやはり、ヘッドカバーにエキゾースト・マニフォールドをあしらったスタンドをもつ「アート・エディション」。本体に変わりはないものの、この豪華ケースはフェラリスタにとっては喉から出が出るほど欲しくなるはず。もし、書斎もしくはガレージにこれがあったら、と想像すると・・・。

11月8日、この豪華本の発表が東京・代官山蔦屋書店にて行われ、フェラーリ新会長のジョン・エルカーン氏も来日(写真・右)。マルキオンネに代わって就任したばかりの氏にとっても、この本には特別な想いがあるようだ。歴史的な1冊として確実に価値のある豪華本となることは間違いない。

もちろん完全限定。創業時の年代にちなんで1947セットのみ。そのうち、アートエディションは250セット。今すぐなら予約購入できる可能性あり(残り僅か)。代官山蔦屋書店にて注文可能だ。

【体裁(本体)】
限定コレクターズブック『Ferrari』
表周り:レザーカバー(手縫い)
サイズ:32.4✕43.2cm
頁 数:514ページ

【仕様と価格】
アート・エディション
限定数:250冊(シリアルナンバー入り=1-250)
価 格:360万円(税別)
※ピエロ・フェラーリ、セルジオ・マルキオンネ、ジョン・エルカーンの署名入り

コレクターズ・エディション
限定数:1697冊(シリアルナンバー入り=251-1947)
価 格:72万円(税別)
※ピエロ・フェラーリの署名入り

【関連リンク】
TASCHEN 公式サイト
https://www.taschen.com/pages/en/catalogue/photography/all/66921/facts.ferrari.htm

デザイナーを努めたマーク・ニューソン。

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事