【SUPER TUNED MEMORIES】世界最高性能を目指したHKS製合法コンプリートチューンド!【HKS ZERO-R】

270km/h巡航を実現するために海を渡って開発! チューニングの概念を変えた名車!!

HKSが本気で製作したコンプリートチューンド

圧倒的なポテンシャルと先進的な技術がもてはやされたBNR32型スカイラインGT-R。

そんな最高のベースマシンを使い、当時はまだアンダーグラウンドな世界であった改造車文化を社会的にも認められるチューニング文化へと導こうと動いたのがHKSだ。

目指したのは、欧州チューナーの世界観。ルーフやケーニッヒといったメーカーと肩を並べる、いやそれ以上のコンプリートカーを作ろうと1989年に計画されたのがこのZERO-Rの開発だ。

ストリートでも堂々と乗れるチューニングカーは今でこそ当たり前となっているが、世間の風当たりが強かった当時としては、非常にハードルが高いものだった。

保安基準にも適合させて車検に通るようにすることはもちろん、コンプリートカーとしての耐久性や信頼性についても、十分な性能を備えていなければならない。そのためZERO-Rでは谷田部での高速走行テストを繰り返したほか、アウトバーンやニュルブルクリンクにも車両を持ち込み、徹底的ともいえる走り込みを重ねて信頼性を実証していった。その開発とテストには2年以上の期間を費やしたというからその本気ぶりがわかるだろう。完成は1991年のことだ。

当時早くも空力面まで考え抜かれたフォルム、エアロはZERO-Rの専用設計。300km/h以上での使用まで想定し、フロアのフラットボトム化まで果たされている。

また、燃料タンクはリヤシート下へと移設し重量バランスを改善。この燃料タンクの移動によりリヤのディフューザー化や、マフラーのデュアルレイアウト化が可能となり、排ガスや排気音を抑制している。

このようにパッケージをイチから見直し、HKSの高い志がこめられた車両がZERO-R。

ちなみに、ファーストエディションは2.7L化+TO4Eツインのシーケンシャルターボで約450psを発揮していた。この車両はHKSテクニカルファクトリーの手により、アップデートが図られたエディション3と言われる仕様で、可変バルタイ(HKS Vカムシステム)の装備やGT2530ツインターボなどにより約600psまでポテンシャルが向上している。

PHOTO:Nobutoshi Kaneko

スペック

エンジン:RB26DETT改2688cc仕様(423ps/39.7kgm) ポート研摩/燃焼室加工/HKSハイリフトカム(272度)、スライドカムプーリー、強化バルブスプリング、鍛造ピストン/強化リング、鍛造H断面コンロッド、フルカウンタークランクシャフト、レースメタル、ステンレスエキマニ、65φステンレスフロントパイプ、デュアルコンバーター触媒、ステンレスマフラー、TO4Eハイフロータービン×2(シーケンシャル制御)、排気バイパスタイプブーストコントロール、レーシングタイプインタークーラー、エアロオイルクーラー、PFC・F-CON、GCG、VPC、550ccインジェクター×6、ボッシュ燃料ポンプ×2、安全タンク(150L)

ドライブトレイン:HKS・TILTON製ツインプレートクラッチ、軽量フライホイール、デフオイルクーラー、4.111ファイナル、トルクスピリットコントローラー

フットワーク:HKSスプリング、ショックアブソーバー、スタビライザー、フルメタルパッド

ホイール:HKSマグホイール(9J-17)

タイヤ:ヨコハマAVS(225/45R17)

エクステリア:HKS ZERO-Rモノコックエアロボディ

※仕様は販売当時のもの

心臓部に収まるRB26ユニットは、HKSテクニカルファクトリーの手により刷新。徹底したバランス取りや加工により精度を高めたエンジンに組み合わせたタービンはGT2530ツイン。さらにVカムシステムの導入により、最高出力は約600psまで高められたエディション3。ZERO-Rを生み出したHKSのパーツを使った正常なアップデート版となる。

オリジナルの仕様では、TO4E改のツインターボで過給効率を高めるべくシーケンシャル制御がなされていた。その後、ボールベアリングのHKSオリジナルタービンGT2530ツイン化、出力は約450psから約600psへ大きく引き上げられているが、Vカムシステムやボールベアリングターボにより、当時以上のレスポンスが引き出されている。

リヤバンパーからマフラーのテールエンドが突き出る先鋭的なデザイン。これは空力性能を高めるためのアイディアのひとつ。リヤフェンダーやトランクと一体化したデザインとなるリヤスポイラーは後端部をはね上げることでダウンフォースの拡大に繋げている。フロアはフラットボトム化して、高速域でも安定した走りを実現。

2シーター化されているのもZERO-Rの特徴。燃料タンクをリヤシート部分に移設し、重量配分の最適化を図っている。スピードメーターは360km/h、タコメーターは1万rpmまでスケールが刻まれる。ステアリングやスカッフプレートにはZERO-Rのロゴが入る。

ブレーキはブレンボキャリパーを採用。レイズ製の鍛造ホイールに組み合わせるタイヤは、ミシュランパイロットスポーツ。サイズは245/40R18だ。

web option編集部

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事