【TOPIC】約900kmを2日間にかけて走破した「ランボルギーニ・ウルス」《動画付き》

Lamborghini Urus ☓ ISLAND

ランボルギーニ ウルス in アイスランド

大自然を相手に極限に挑んだ、
スーパーSUV「ウルス」の実力とは?

「ランボルギーニ アヴェントゥーラ」をご存じだろうか。世界でもっとも壮大な場所を発見することを目的に、ランボルギーニが企画実行する一連の冒険的な遠征をこう呼ぶ。これまでにアンダルシア、トランシルバニア、ノルウェイを踏破した。そして今回、ウルスのオン・オフロードの万能性をテストするのに理想的なロケーションとして、10月のアイスランドが選ばれた。

ランボルギーニが公式にアイスランドの地を踏むのはこれが初めて。7台のウルスが約900kmを2日間かけて踏破する。その間、太陽にも恵まれたが、突風、雨、雪と、あらゆる厳しい気象に見舞われた。冒険旅行は島の南西レイキャ岬からスタートした。ここは「ブルーラグーン」で有名な地。近くにあるスヴァルスエインギ地熱発電所が汲み上げた温かい地下水を利用した温泉施設で、コバルトブルーの温水を湛えた入り江が美しい。

ブルーラグーンを後にしたコンボイは、南の海岸線に沿って進み、夢のような場所を訪れた。クリスヴィクルベルグの絶壁は、北欧伝説に登場する二人の巨人にあやかってそう命名された。レイニスフィヤラは黒砂の海岸で有名。ディルホゥラエイでは、海に突き出した巨岩を貫く自然のアーチが見物。冬の渡り鳥ウミスズメが絶壁に営巣する場所でもある。

ANIMAセレクターを「テラ」にセットして、ウルスのコンボイは川の浅瀬が随所にあるオフロードへ敢然と立ち向かう。ホヨールリスホーフオイの台地は一部が海へ連なり、一部はコトルヨークルの黒い氷河へと連なる。極限の悪路でのドライバビリティを立証するには完璧な舞台だ。

コケに覆われたラキ火山の溶岩地帯、フィヤトルスアゥルロゥンの氷山。バトナ氷河の南端、さらにはヨークルスアゥルロゥンの氷河が織りなす壮大な景色を眺めながら冒険旅行は続く。そしてコンボイは首都レイキャビクに到着した。アイスランドの政治、文化、経済の中心地だ。自然の静寂を7台のスーパーSUVの咆吼が破りつつ進んだ900kmの冒険旅行は、文明の地で幕を閉じた。

【記録動画 その1】

【記録動画 その2】

(GENROQ Web編集部)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事