サーキット試乗「アストンマーティン ヴァンテージ」の特性を暴く!

ASTON MARTIN VANTAGE

思うがままにコントロールできる、510ps!

アストンマーティンが新たに放ったリアルスポーツカー、新型「ヴァンテージ」。そのデビュー以来、各国で絶賛され続けているが、ここではさらに深く掘り下げるべく、富士スピードウェイのショートサーキットに車両を持ち込み、徹底的にヴァンテージの走行性を暴こうと試みた。

ドライバーは、田中哲也氏。フォーミュラやスーパーGT、スーパー耐久などに参戦、某メーカーの車両開発ドライバーを務めたほか、最近ではドライバーズトレーニングのチーフインストラクターで活躍するなど各方面から信頼されるレーシングドライバーである。GENROQでは、数々のスーパースポーツカーをサーキットでテストしてきた経験をもつだけに、新型ヴァンテージに対して何を想うのか? 早速コースインしてもらった。

「500psを超えている車両にしては、楽しむこともできるし、安心感も高いですね」

ヴァンテージに搭載されるV8ツインターボエンジンの最高出力は510ps、最大トルクも685Nmと前モデルよりも大幅に数値が上がっているのは確かだ。しかも挙動なども含めて以前とは比較にならないほどのドライバビリティをもつと続ける。

「とにかくアクセルワークに対して素直。ドライバーの意図通りに走らせることができますから楽しくなってきますね。安定したグリップ走行もいいですけど、思わず滑らせたくなるくらいです。ちょっと大げさに行くとスピンすることもありますが、基本的には、あらゆるアングルでコントールが効きます」

さらに言葉を重ねる、田中哲也氏。

「滑り出してからのアクセルワークに対して、リヤのスライド量がわかりやすい。例え、大きなアングルをつけても不安感もありません。むしろ楽しめます。それにエンジンがパワフル。レスポンスも良いし、7000rpmまでスムーズに回りきります。特にターボですからトルクの太さを感じますね」

では、ハンドリングはどうなのか?

「ブレーキングしてコーナーに進入するとき、まずブレーキの効きの良さを感じました。そして、ステアリングをきっていくと適度にリヤが軽くなって、荷重が抜けていくのが分かります。その時、リヤの旋回がドライバーの狙い通りに応えてくれるのがいいですね。本当に素直な、フロントエンジン&リヤ駆動車と言えるでしょう。そして何よりもダイナミック! 以前のヴァンテージも良かったですけど、新型はかなり洗練されていて気に入りました。以前にも増して軽快に走りますしね」

そう、言葉を残して再びコースインしてしまった。その姿は、完全にドリフトを楽しんでいる様子。是非、動画にて確認して頂きたい。新型ヴァンテージが如何に素直に、そしてコントローラブルに仕上げられているかが分かるはずだ。

REPORT/田中哲也(Tetsuya TANAKA)
MOVIE & PHOTO/小林邦寿(Kunihisa KOBAYASHI)
TEXT/野口 優(Masaru NOGUCHI)

【SPECIFICATIONS】
アストンマーティン ヴァンテージ
ボディサイズ:全長4465×全幅1942×全高1273mm
ホイールベース:2704mm
車両重量:1530kg(軽量オプション装着車)
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:3982cc
最高出力:375kW(510ps)/6000rpm
最大トルク:685Nm/2000〜5000rpm
トランスミッション:8速AT
駆動方式:RWD
ステアリング形式:パワーアシスト付きラック&ピニオン(電動式)
サスペンション形式:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク
ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク
タイヤサイズ:前255/40ZR20 後295/35ZR20
最高速度:314km/h
0→100km/h加速:3.6秒
CO2排出量(EU):245g/km
燃料消費料(EU複合):10.5リッター/100km
車両本体価格:1980万円

GENROQ Web編集部

【関連リンク】
アストンマーティン・ジャパン・リミテッド 03-5797-7281
http://www.astonmartin.com/ja

『GENROQ Web』の最新記事

【初試乗】「Audi e-tron」は、アウディらしいダイナミクスをもったEVカーだった。
スーパーカーファンは必読。月刊誌「GENROQ」のウェブサイト「GENROQ WEB」がオープン!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事