メルセデスベンツ初の市販EV「EQC」前後席に座った印象はCクラスワゴン!? 日本発売は2020年か

EQCはベースとなるGLCの車台を足周りの一部を残してほぼ全面刷新し、4つを並列配置するバッテリーモジュールはホイールベース間の床面に綺麗に配されます。その前後車軸部に装着されるモーターの総合出力は300kw、0〜100km/h加速では5.1秒の俊足を誇りますが、テスラのインセイン(=狂気的)モードのようにEVをことさらに強調するようなプログラムはないようです。

代わりにというのもなんですが、前モーターを取り囲むように配されたパイプのケージは、そのままバルクヘッドを貫通し室内側で纏められています。その取り回しがミッションハウジングのように見えるのは偶然でもなく、普通のクルマなら衝撃吸収メンバーとなるミッションを持たないEQCの場合、このケージが衝突安全性能に重要な役割を果たすのでしょう。2.4t余の重量を支えるとはいえその他の構成部品もやけにゴツく、ストリップモデルからはメルセデスがいかにパッシブセーフティに気を配ったかが伺い知れます。

ちなみに現在はこのような耐衝撃性全般や生産性などの関係で既存車=GLCの車台を活用していますが、今後登場する大半の車種では、EQ向けの専用設計となるモジュラー構造のアーキテクチャーが採用される予定です。

モーターコイルにも用いられる銅線の色をモチーフにした、カッパーゴールドのようなピンクゴールドのような微妙な色を差し色に用いたインテリアは、操作系にメルセデス流のロジックが踏襲されているので、操作に違和感はなさそうです。行程や地形、電池残量などを見ながらベストなドライビングを探っていくのはEVの走る愉しみのひとつですが、EQCはステアリングにスロットルや回生ブレーキのマネジメントを5段階で切り替えられるパドルが用意されるなど、その点に抜かりはありません。

『メルセデス・ベンツ』の最新記事

【メルセデス・ベンツ C180試乗】1.6Lターボとは思えない上質なエンジンフィール。超一級品のドライバーズカー
メルセデス・ベンツが新型EVの「EQC」と未来の家「EQ House」を一般公開
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】先代よりも140mmも長くなった新型Aクラス。居住性、積載性はどうなった?
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】先代からの値上がりも十分に納得できるトータル性能の高さ
【新型メルセデス・ベンツAクラス試乗】「走る・曲がる・止まる・話す」の「話す」の実力は?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事