マツダがまたやった! マイナーチェンジで他社ではやるハズないこと4選!!

・番外編:たった1年でホイールベースを変えてしまったコスモスポーツ

ここまでは、ZOOM−ZOOM、SKYACTIVなどを経ての最近の例でしたが、マツダって東洋工業のころからそんな体質だったのかも知れません。

皆さんご存知、世界初の量産型実用ロータリーエンジンを搭載して1967年に発売されたコスモスポーツですが、翌年の1968年のマイナーチェンジ(と言ってたかはわかりませんが)では、なんとホイールベースを延長するという大手術をやってのけていたのです! それも15cmもですよ〜!!

コスモスポーツ、1967年5月発売当時のサイドビュー
1968年7月MC後モデル。ドアとリヤタイヤの間が延びている

この理由を、当時を知る自動車ジャーナリストの山口京一さんにお聞きしたところ「おそらく、発売してからヨーロッパなどで走らせて、ハンドリングをロングツアラー向きにすべきと判断したんじゃないでしょうか。輸出も念頭にあったんでしょうね」とのこと。

その他にもエンジンは10Aから10Bへと変更、冷却開口部の拡大などなど、いくつもの大小改良を行っています。

すぐに性能や機能がアップしてしまって、いつ買っていいかわからないのが最近のマツダ車という意見もあるようですが、裏を返せばいつ買っても最高のものが手に入るのがマツダだ、とも言えるのではないでしょうか? と言ったら少し褒めすぎでしょうか!?

clicccar編集長 小林 和久

『マツダ』の最新記事
変わったのは名前だけじゃない。乗るとデミオとの違いが沁みてくる【新型マツダ2試乗】
ヨコハマタイヤの「BluEarth-GT AE51」が「MAZDA CX-30」の新車装着タイヤとして選定
デミオ改め「MAZDA2」の新車装着タイヤに横浜ゴムの「BluEarth-GT AE51」が選定
新型SUVで販売攻勢をかける? マツダが米国に工場建設
マツダ3
前方視界の良さでドライバーをサポート。MAZDA3が「子どもを死角から守る前方視認性」でキッズデザイン賞を受賞
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事