従来のレーダー探知機ではお手上げ! 新型の「レーザー式」オービスが大阪に見参

レーザー式はつい最近、可搬式や半可搬式等の新型移動オービス(有人取締)で導入されていましたが、無人取締の固定式オービスに採用されたのは今回が初めてです。移動オービスではレーザー式はあるもののまだまだ試験段階ではあるはず。しかし早くもその実績は公認となったのでしょうか?

路面にループコイルを埋める必要があるループコイル式と比べて手間と費用も節約できるうえ、残念ながら従来型のレーダー探知機は無力! 今後も順次、いたるところに設置されていくに違いないでしょう。

一方、新型レーザー式ならではの問題点とされているのが、「測定精度は大丈夫なの?」ということです。事実、警察庁が導入した生活道路対応の新型オービス「センシスSSS」を開発したスゥエーデンの測定器メーカー、センシス・ガッツォグループの役員、フィリップ・ウィジャース氏はレーザー式新型オービスに関してこんな疑問を投げかけています。

「弊社がレーザー式に手を伸ばさないのは精度の問題です。ある中東の国ではレーザー式を採用しようとしましたが、雨が降ると全然ダメだった。それに、果たして耐久性はどうなのかも気になります」

ちなみにレーザー波による速度計測の原理はこうなっています。

「LIDAR(英語:Light Detection and Ranging、Laser Imaging Detection and Ranging、「光検出と測距」ないし「レーザー画像検出と測距」)は、光を用いたリモートセンシング技術の一つで、パルス状に発光するレーザー照射に対する散乱光を測定し、遠距離にある対象までの距離やその対象の性質を分析するものである」(Wikipedia参照)

ドライバーにとっては、レーザー方式だからといって注意点は従来と同じ。手前の警告板等に十分、注意して安全運転を心がけましょう!

(フードライズ)

【関連リンク】

☆「じつは、アメリカにはもうあるんですって?」 知りたいあなたはコチラ!
http://hoodridez.jp/

☆大阪にはさらにもう一か所アリです!
https://motor-fan.jp/article/category/103

『交通取り締まり』の最新記事
覆面パトカー
N国党・立花党首のスピード違反で話題の「追尾式取り締まり」、そのやり方を警察官が法廷で証言!
警告看板
オービスの手前に必ず警告看板がある理由とは!?最新の可搬式オービスで警告看板はどうなる?
正体判明!最新のレーザー式速度測定機LSM-200はオービスではなくネズミ捕り用だった!!
各部の名称
新型コロナの影響が飲酒運転取り締まりにも!使用を指示されたアルコール感知器の値段は税込1万8375円
新型オービス
新型オービスの将来を占う超重要裁判!45キロ超過のスピード違反取り締まり、その測定値は正しかったのか!?
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事