従来のレーダー探知機ではお手上げ! 新型の「レーザー式」オービスが大阪に見参

「なだか最近、オービス減ってない?」そんなアナタの観察力は大正解。実はオービス撤去は全国的に続いているのです。そんな流れの中、注目の新型オービスが登場しました!

大阪の国道26号上り線(第2阪和国道)に設置されましたのが新しいオービス。一見、東京航空計器製の新L型オービス(デジタルver.)かと思いきや、明らかにL型よりスマートな上に、さらに赤外線ストロボとカメラの下に見慣れない窓があるのです! これが新型の証?

今まで、スピード取り締まりの速度測定方式と言えば、レーダー、ループコイル、光電管の3つが定番でした。現在の固定式オービスに関しては、レーダーとループコイルのどちらかでしたが、ついにアメリカで主流のレーザー式による新型オービス導入が確認されたのです!

『交通取り締まり』の最新記事

2018年のオービス取り締まり件数は5万以上。その中で圧倒的に多い都道府県はあそこだった!
火の付いた爆竹を道路に投げて書類送検! 知らなかったでは済まない道交法違反の意外な規定とは?
「5分以上かけろ」と指示!? 駐禁取り締まりを行う『駐車監視員の不思議な行動』には「秘密の理由」があった!
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決
駐禁ステッカー貼られても出頭しないほうがお得ってホント!?→出頭しなければ違反点数ナシ!【取り締まりQ&A】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事