歴代RX-7の開発秘話! ロータリーひと筋を貫き通したサムライ開発者が語り尽くす【マツダのレジェンドに学ぶ・第2回】

そして日本に帰国後は、初代RX-7の開発に携わることになります。「アフォーダブル(求めやすい価格)のスポーツカーは大きなポテンシャルがある」という未来に光明を見出そうと、当時の住友銀行のサポートのものと開発を進めたそうです。

アメリカでどん底に落ちたイメージを回復させるため、故ポール・フレールさんにマツダの動的評価をお願いするなど、現在の「Zoom-Zoom」に通じる礎を築きました。

そしてまた、2代目RX-7の開発をつとめるためまた帰国します。「アンフィニ」シリーズの4車種や、カブリオレを手掛けました。苦労したのはカブリオレで、クローズドクーぺの屋根を切るとここまで剛性が落ちるのか、と驚嘆しながら何とかリカバーしたそうです。

『マツダ』の最新記事
マツダ 100周年 特別記念車
2020年に100周年を迎えたマツダ。全モデルに「100周年特別記念車」を設定【新車】
マツダ MX-30
MAZDA CX-30とMX-30が、世界的権威のあるデザイン賞の「2020年レッド・ドット賞:プロダクトデザイン部門」を受賞
マツダ 6
マツダらしい「人馬一体感」を味わえるFF系スポーティセダンの真骨頂【MAZDA6試乗記】
高齢者体験08
最新マツダ車が採用するオルガンペダルは高齢者のペダル踏み間違い防止にも効果あり!
マツダ3ファストバック
人間中心のドライビングポジションがクルマを安全に走らせる要だ!【新車】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事