【新車】この春乗り替えたい「高コスパ」な旬のクルマ5車種【2018年版】

多くの人が新生活を始める春。優れた燃費性能や高い走行性能、安全性能などを実現しながらも価格はリーズナブルという高コストパフォーマンスな旬の5台をピックアップしてみました。

■ホンダ・ステップワゴン スパーダハイブリッド

日産セレナe-POWERが追加され、俄然注目が高まっているミドルクラスミニバン。その中でオススメな高コスパモデルが「ホンダステップワゴンスパーダ ハイブリッド」です。2017年9月のマイナーチェンジの際に追加されたハイブリッドモデルは、オデッセイなどと同じ2Lガソリンエンジンと2つのモーターを採用した「スポーツハイブリッド i-MMD」を搭載しています。

JC08モード燃費は25.0km/Lで、セレナe-POWERの26.2km/Lには一歩譲りますが、高い静粛性と専用チューニングされたサスペンションによる乗り心地の良さと操縦安定性の高さが特徴です。

セレナe-POWERがプロパイロットをはじめとした先進の運転支援システムが上級モデルにのみオプション装備なのに対して、ステップワゴンスパーダハイブリッドは8つの機能をパッケージングしたホンダセンシングを全車標準装備しています。車両本体価格は330万480円〜355万9680円と総支払額で見ると相当魅力です。

■マツダ・CX-8

2017年9月に発表され、12月よりデリバリーが開始されたマツダCX-8も高コスパモデルの1台です。予約開始から3カ月で月販予定台数の6倍、2018年1月当時の累計受注台数が月販台数の10倍という数字からも人気の高さが伺えます。

マツダの国内市場向けのSUVモデルのトップモデルとなるCX-8は、6人もしくは7人乗りの3列シートを採用。3列シート=ミニバンという既成概念を取り払い、すべての乗員が楽しめる快適性と静粛性を実現させています。

搭載されている2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンは大幅に改良が加えられ、静粛性の向上に加えて、JC08モード燃費17.0〜17.6km/Lという優れた燃費性能を実現。さらに高い操縦安定性の実現させるためのGベクタリングコントロール。先進の運転支援システム「アイ・アクティブセンス」を全車に標準装備しています。車両本体価格は319万6800円〜419万400円となっています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事