【ニューヨーク国際自動車ショー2018】新しくなったX-MODEはどこが変わった?

エンジンはその型式を同じくしながら9割の部品は新設されたというFA25型。2.5リッターエンジンで余裕十分の走りを予感させてくれます。なお、日本仕様には2リッターNAモデルの投入、ターボモデルは消滅との見方が強くなっています。

駆動方式は当然のごとくシンメトリカルAWDですが、X-MODEの制御が最適化されています。セレクターレバー後方のスイッチがダイヤル式となって、ノーマル、スノー、ダート、ディープスノーモードと切り替えらえるようになっています。このディープスノーモードをダイヤルでセレクトすると、自動的にVDCがキャンセルとなりより深い雪からの脱出などに有効となります。

最低地上高は現行モデルと同じ220mmを確保。高い走破性はそのままキープされているようです。

5代目新型フォレスターは、ワールドプレミアこそニューヨークで行われましたが、日本を始め、順次発表発売されていくとのこと。日本での登場は6月頃の発表、およそ1ヶ月後の発売が有力視されているようです。

CセグメントSUVの本命として、今後も注目されること間違いないでしょう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事