【豆知識】バッテリー上がりの正しい対処法

クルマにはエンジンを始動させるため、そしてカーナビゲーションやエアコンの電装品の電源として鉛バッテリーが搭載されています。この鉛バッテリーが上がってしまった場合の対処法を紹介します。

寒い冬はバッテリー上がりを起こしやすくなります。その理由は、バッテリーの中にはバッテリー液と呼ばれる希硫酸が満たされていますが、この液体は温度が下がると性能が落ちる傾向があるからです。

例えば新品のバッテリーでも外気温が0度だと約80%、マイナス20度という過酷な状況では50%の性能しか発揮できなくなります。これが古いバッテリーの場合さらに能力が低下するので、外気温の下がる冬はバッテリー上がりを起こしやすくなるというわけです。

冬のバッテリー上がりを防ぐためには、バッテリーを冷やさないようにする工夫が必要で、頻繁な雪かきやボンネットを毛布などで覆うということも効果があります。

しかし、運悪くバッテリーが上がってしまった場合は、ほかのクルマから電気をわけてもらい、エンジンを始動させることができます。これを「ジャンピングスタート」と言います。ここではバッテリー上がりの対処法の1つであるジャンピングスタートのやり方を紹介しましょう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事