【東京オートサロン2018】発売スタートした新モデルの詳細がチェックできる! 日産ブースでセレナ オーテックの特別冊子を配布中

東京オートサロンの会場、日産自動車のブースにもセレナe-POWERオーテックコンセプトが展示されている。

1月12日よりセレナS-ハイブリッドオーテックが発売をスタートしている。より上質でもっとスポーティ。決して奇をてらうことのない、皆に親しまれる日産のラインナップと見た目は大きな差異こそないものの、オーテックジャパン謹製のこだわりの仕上がりが魅力の一台。

オーテックラインナップの展開に関して発表があったのち、待っていた方も多いのではないだろうか。

オートサロン会場ではそんな既存のセレナベースのオーテックに関する詳細がわかる「クリッカー編集部特別編集 セレナオーテック セレナニスモと徹底比較!」が配布されている。オートサロンを訪れた方にはぜひ手に取っていただきたい一冊である。

ちなみにセレナオーテックの登場に合わせて、長らく愛されてきた、セレナライダーシリーズはカタログから落とされたとのこと。

 

またオートサロンの会場に、今後のオーテックシリーズの展開を示唆する顔ぶれとして、ノートe-POWERオーテック、エクストレイルオーテックが並ぶが、いずれも「モードプレミア」で展開している車種。その「モードプレミア」の去就はどうなるのか。オートサロンの会場で早くも気になる事柄がいくつも浮かび上がってきた。

ということで日産ブースにこの冊子を受け取りがてら、日産ブースを訪問した。

『東京オートサロン2018』の最新記事

【東京オートサロン2018】F1マシン用と乗用車用の違いはわずか?ペトロナスが新型エンジンオイルを発表
【東京オートサロン2018】レーシングドライバー、ライダー体験に個性派カスタムカー、スタンプラリーも!子供から大人まで楽しめた今年のオートサロン
【東京オートサロン2018】見てくれだけじゃない!冷却性能をアップさせる星型ディスクローターを装着したGT-R
【東京オートサロン2018】本来無いはずのマフラーがある、3D DesignのBMW i8
【東京オートサロン2018】富士スピードウェイでスーパー耐久の24時間レースが開催!富士では実に50年ぶり

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事