黄色い実線のセンターラインでも追い越しができる場合があるってホント?【今さら聞けない交通ルール】

先ほどの一覧に、道幅を加え、順番も入れ替えてみます。

【センターライン】

白い実線:道幅6m以上・はみ出し禁止
白い破線:道幅6m未満・はみ出し可・追い越し可
黄色い実線:道幅6m未満・追い越しのためのはみ出し禁止

自由度の高い白い破線と、制限のある黄色い実線。このふたつが道幅6m未満の道に引かれるセンターラインなのがわかります。

つまり、白い破線は狭い道ながら、見通しなどがよく安全確認がしやすい場所を示し、黄色い実線は実質的に「はみ出すと危険なシチュエーションであるから注意しなさい」ということを、伝えているともいえます。

道幅6m以上の道に引かれる白い実線は、道幅が広いところに引かれる分、油断しがちですが、どんなシチュエーションでも「はみ出し禁止」ですから、考えようによってはこちらの方がシビアともいえるかもしれません(ただし道路工事などで通行できない場合を除きます)。

なお、白い破線を含めて、追い越し可能な場合でも、ウインカーを出し、周囲の交通状況を見て安全を確認の上、追い越しをする必要がありますし、みだりに行われる進路変更は違反となりえますから注意も必要です。

『交通安全』の最新記事
ブレーキランプ点灯
テールランプとブレーキランプの見分け方は?
警察官が車両を運転するとき「シートベルトをしない」意外な理由とは?
大津市大萱6交差点の幼児と保育士が死傷した事故は防げなかったのか?【AJAJ菰田潔会長による検証】
授乳時だけでない、シートベルト&チャイルドシートの着用免除されるのはどんなとき?
走行中の車線変更、車両通行帯が白破線だと変更可・黄色線は不可。では白実線は?【今さら聞けない交通ルール】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事