リトラの初代RX-7、当初ライトは固定だった! SA22デザイナー小野隆が初登壇で語った【歴代ロータリー車ミーティング2017】

そして、本邦初公開のストーリーとして、デザインへのこだわりから、新設となったフロント4POTアルミキャリパーのデザインについてシャシー設計部へ進言、「マツダの歴史の中でシャシー設計部に入ってきたデザイナーの第一号といわれた」という話もありました。

そしてカブリオレ、最初は社外デザイナーへ依頼していたものが最終的に小野さんが任されることになり、すっきりした幌の収納などをもった現在のFC3Cカブリオレが生まれた経緯へ……。

こういったイベントで話すことが初めてという小野さんのデザイン開発ストーリーは、時間がいくらあっても足らないほど内容が濃く、興味深い内容でした。

1971年に東洋工業(現マツダ)に入社した小野さん、カーデザイナーを志したきっかけのひとつが、スパ・フランコルシャン24時間レースでのファミリアロータリークーペの活躍。そういう意味では、小早川さんが撒いたロータリースポーツの種が、小野さんのデザインとして発芽したともいえるのかもしれませんね。

その後、ゲストへの質問タイム、サイン会などが行われ、参加者は充実した時間を過ごしました。

小早川さんの手によってしたためられたのは、FD3S開発の際のコンセプトキーワード、「志・凛・艶・昂」。

ローターやローターハウジングへサインを希望する参加者も。

当日の主催者のみなさん、多くのボランティアの方々とともに運営お疲れさまでした。今年一年、記念すべきマツダ・ロータリー50周年を楽しみましょう!

(古川教夫)

【関連記事】

【歴代ロータリー車ミーティング2017】

ロータリー生誕50周年を記念して、55台の歴代マツダ・RE車が集結!
https://clicccar.com/2017/02/12/444214/

RX-01のドアノブはFDのモノ!? マツダ保管のコンセプトカーなどのRE車を見学!
https://clicccar.com/2017/02/13/444211/

3代目RX-7=FD3S誕生への歴史をミスターRX-7小早川隆治が語る
https://clicccar.com/2017/02/14/444212/

この記事の著者

古川教夫

古川教夫 近影
1972年4月23日生。千葉県出身。茨城大学理学部地球科学科卒。幼稚園の大きな積み木でジープを作って乗っていたクルマ好き。幌ジムニーで野外調査、九州の噴火の火山灰を房総で探して卒論を書き大学卒業。ネカフェ店長兼サーバー管理業を経て、WEB担当として編プロ入社。クルマ関連部署に移籍し、RX-7やレガシィ、ハイエース・キャピングカーなどの車種別専門誌を約20年担当。家族の介護をきっかけに起業。福祉車輌取扱士の資格を取得。現在は自動車メディアで編集・執筆のほか、WEBサイトのアンカー業務を生業とする。