「SUBARU GLOBAL PLATFORM」第1弾の新型インプレッサはどんなクルマなのか?

スバルのCセグメントモデル、インプレッサが2016年後半にも新型に移行します。

今年3月にはニューヨーク国際自動車ショーで北米仕様車を世界初公開しましたが、日本でもマスコミ向けに左ハンドルの同モデル(北米仕様車)を公開。

SUBARU_impreza_09

また、新たにシートなどが付いた「SUBARU GLOBAL PLATFORM(スバル グローバル プラットフォーム)」のカットモデルも併せて展示されました。

SUBARU_impreza_01

インプレッサは、現行モデルに移行して以来、それまでの10万台規模から年間12万5000台程度、グローバルで販売する重要なモデル。

販売を支えるのは北米になっていますが、日本でも高い人気を集めています。軽をのぞいた4割以上がインプレッサで、軽自動車をのぞいたスバルのエントリーモデルでもあるわけです。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事