徹底解説!約10万円アップで実現したスバル・フォレスターのお得な改良内容とは?

最後に安全装備ですが、今回の大幅改良で2.0i-Lアイサイト以上には先進安全機能を大幅に進化させたアイサイトver.3を搭載しました。

車線逸脱抑制のアクティブレーンキープをはじめ、衝突回避衝突軽減のプリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付クルーズコントロールなど最先端の予防安全装置を装備しています。

032 015

そして、アイサイトでの前方検知に加えて、レーダーシステムによる速報の検知を可能とした安全装備をパッケージングした「アドバンスセーフティパッケージ」をオプション設定。

このパッケージでは、後側方警戒支援機能であるスバルリアビークルディテクションによって、ドラミラーでは見えにくい死角にいる車両をレーダーで検知したり、隣車線を後方から接近してくる車両を検知し、ドラミラーに装着したLEDインジケーターでドライバーで注意を促します。

スバル車初採用となるアクティブドライビングビームはアイサイトのステレオカメラによって先行車や対向車の検知を行い、ヘッドランプに内蔵されたシェードによってハイビーム照射範囲を滑らかに無断調整します。

また、1灯でハイビームとロービームを切り替えられるLEDハイロービームランプ&ステアリング連動ヘッドランプを採用し、ステアリング操作に合わせて、ヘッドランプの光軸を左右に動かすことができます。

さらに2.0iを除くグレードでSRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを標準装備としました。

これだけの大幅な進化と装備の充実を行いましたが、車両本体価格は214万9200円〜312万8760円と約10万円アップと抑えられており、かなり割安感を感じます。

(萩原文博・撮影:小林和久)

【関連記事】

大幅改良したフォレスターは軽快さ&豪快さが目立つ走り
https://clicccar.com/2015/10/27/334391/

この記事の著者

萩原 文博

萩原 文博 近影
クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしました。高校3年の受験直前に東京オートサロンを初体験。そして大学在学中に読みふけった中古車情報誌の編集部にアルバイトとして働き業界デビュー。その後、10年会社員を務めて、2006年からフリーランスとなりました。元々編集者なので、クルマの魅力だけでなく、クルマに関する情報を伝えられるように日々活動しています!