トヨタ・ハリアーが安全装備の充実とセクシーな内装が魅力の特別仕様車を設定

また、今回の一部改良と同時に特別仕様車も設定されました。「PREMIUM」をベースとした「PREMIUM Style MAUVE(モーヴ)」と、「PREMIUM Advanced Package・Style MAUVE」の2台。

HARRIER_05

インパネやドアトリムなどに専用内装色の「スティールモーヴ」が採用されていて、随所にダークバイオレットのステッチが施され、ダークバイオレットのシートベルト、ピアノブラック調の本革巻き3本スポークステアリングホイール、ファシネイトブラック(ピアノブラックをベースにした青紫色基調の淡いオーロラ模様)加飾のシフトパネル、アルカンターラのシート表皮(メイン材)を採用することで、定評あるインテリアの質感をより高めています。

HARRIER_06

さらに、運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(運転席4ウェイ電動ランバーサポート付)&マイコンプリセットドライビングポジションシステム(ステアリング/シート)や快適温熱シート(運転席/助手席)などの充実装備も目を引きます。

HARRIER_04

外観では、ブラック塗装に切削光輝が施された専用の18インチアルミホイールを装備。ボディカラーには、特別設定色となるレッドマイカメタリックを含む全5色を設定。

特別仕様車は、ガソリン仕様(2WD/4WD)、ハイブリッド仕様(電気式4WD)の両方とも用意され、価格帯は「PREMIUM Style MAUVE」のFFが323万7055円〜「PREMIUM Advanced Package・Style MAUVE」のハイブリッドの469万2109円となっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。