快適! 乗り心地のいい軽自動車ランキングTOP5!!

メディアの報道によると、軽自動車への増税話がちらほら聞こえてきます。新聞などを読み込むと、2015年 自動車取得税廃止の代わりに、差し出されたのが「軽自動車税の増税」という流れが見えて仕方ありません。スズキの会長の鈴木氏の言葉を借りると、「まさに弱い者いじめ」。確かに今の軽自動車は普通自動車に負けず劣らず、快適なクルマが目白押し。増税話はさておき、ぜひ乗って貰いたいおすすめ軽自動車5台をご紹介します。

●第1位ホンダ「N BOX」

nbox

最近の販売台数ランキングでは大抵トップ3に入っている人気の軽自動車「N BOX」。それもそのはず、製作の意気込みが他のクルマと違うのです。開発にはシャシーとエンジンをセットで考えるという観点から、LPLの浅木泰昭を含め、第2期ホンダF1に携わったメンバーが開発スタッフとして参画しているのです。走りも街乗りでは全く問題なし、室内空間も後部座席でも広々。子供なら立つことも可能。一度乗れば、売れる理由がきっと分かります。製造は従来よりホンダの軽自動車を手掛けている八千代工業ではなく、鈴鹿製作所で行われています。

●第2位ホンダ「N BOX +」

 purasu

N BOX+は、「新しい可能性をプラスする」をコンセプトを基に開発されたクルマ。「NBOX」と「N BOX+」の違いを聞く人がいますので、簡単に説明いたします。「NBOX」は、人のための室内スペースの広さを確保したクルマ。「NBOX+」は、人というより荷物も含めた様々なスペースの広さを確保したクルマ。つまり、物を多く載せることができるのがN BOX+なのです。またツートンカラーはNBOX+だけとなっています。乗り方、使い方は人ぞれぞれだと思うので、どちらを選ぶかはあなた次第?!

 

●第3位日産「デイズ」

deuzy

嵐の松本潤さんのCMが印象的。「デイズ(DAYZ)」は、三菱自動車工業が製造し、日産自動車が販売する軽自動車です。三菱の3代目eKシリーズとは共同開発車の関係にあたるクルマ。今、人気・売れている軽自動車のいい点を盛り込んでいます。ワゴンRやムーブを意識したようなフォルムに、高級感漂う内装も充実しています。

●第4位スズキ「スペーシア」

supesia

2008年1月から販売されていた「パレット」の後継者として発売されました。室内寸法、軽量化、燃費性能などに大きな進歩となっています。ですが、その為、パレットの特徴であった両側スライドドアや副変速機構付CVTはスペーシアにも継承されており、車両型式もパレットと同じ「MK」。NBOXのようなスタイリッシュなフォルムで、スペーシア派も近年は目立ってきています。

●第5位スバル「ステラ」

sutera

ステラはイタリア語で「星」の意味。最近は、ダイハツ・ムーヴをベースにOEM供給を受けたモデルのクルマとなっています。生産はムーヴ同様にダイハツ工業滋賀工場(第2地区)もしくは京都となっています。現行のステラと、少し前のステラを見比べると、六連星のマークが以前よりも大きくなっています。室内空間も広く、長距離も快適に走行できます。当たり前ですが、スバル愛を持った人が多く乗っています。

 (久保友宏)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事