おすすめ記事一覧



”コラム・連載”の一覧

国内販売のカローラで全幅が一番広いモデルは…【Corolla Stories 43/50】

2016/10/18 21:33 by   コラム・連載

カローラは扱いやすいサイズで知られていますが、唯一3ナンバーとなるカローラが国内にもあったのをご存知ですか。もちろん現在は海外ではサイズの大きくなったカローラは存在しますが、実は日本にもあったのです。 それは2007年に発表された「ルミオン」です。その幅なんと1760mm。日本のカローラはまず...

続きを読む »


カローラのトランクがバンパーレベルから開くのは、欧州ディーラーのおかげ!?【Corolla Stories 42/50】

2016/10/18 19:03 by   コラム・連載

初代カローラの特徴といえば、ちょっと目立たないのですがトランクの開き方にあります。1950年代や60年代の車は、バンパーレベルから開く車と、ふたのように上だけが開くものが混在していました。 初代カローラのトランクは、リヤバンパーの高さから開きます。しかし、2代目からは上側しか開かなくなり、その...

続きを読む »


カローラvsサニーの歴史上、ここまでするか!?という高級装備は?【Carolla Stories 41/50】

2016/10/18 17:54 by   コラム・連載

人はライバルがいることによって育つのだとは言いますが、それは車においても同じことなのではないでしょうか。ライバルがいるからこそ、進化も大きくならざるをえないはずです。 ライバルサニーが6代目カローラ登場に先んじて、1985年に6代目をリリースしました。この「トラ...

続きを読む »


80年代はデジタルメーターをカローラまでが装備していた【Corolla Stories 40/50】

2016/10/17 16:33 by   コラム・連載

スピードメーターは指針式のものと思われがちですが、1980年代初頭には、デジタルメーターが大人気だった時代がありました。なぜデジタルが流行したかというと、この時期は電子制御への移行が進んだ時代だったからです。 これまで速度計は、車輪の回転でワイヤーを動かし、速度計に機械的にリンクしているもので...

続きを読む »


塚本奈々美のD1ロシアレポート

2016/10/16 14:33 by   モータースポーツ, コラム・連載

9月24・25日、D1GPチーム「K'SPEC MOTOR SPORTS PEAKY ARCS」(ドライバー:日比野哲也)に帯同し、「2016アジアパシフィックD1 PRIMRING GP」ロシア大会(@ウラジオストク)に行って来ました。 来季は私も海外のドリフト大会出場を目論んでおり...

続きを読む »


あなたの知らない本当の007ボンドカーはアストンマーティンよりベントレー!?

2016/10/16 10:01 by   ニュース・新車, エンタメ, コラム・連載, 書籍/雑誌/ムービー

clicccar編集長様が次は映画ボンド・カーと予告して下さいましたが、どうしてどうして、007エンシューとしては、しつこく原作小説「イアン・フレミング」ボンドにこだわります。 本棚に眠っていたイアン・フレミング007ペーパーバック。気をつけないと読み返しがはじまり、生計を脅かします。 ...

続きを読む »


【F1速報×F1女子~日本GP号~】フェルスタッペンがF1速報を見てびっくりした訳は?

2016/10/15 20:33 by   モータースポーツ, コラム・連載

年に一回のビッグイベント、F1日本GPが終わり心にぽっかり穴が開いた状態の方多いのではないでしょうか? そんな時は10月13日(木)発売の「F1速報日本GP号」を読んで思い出にひたりましょう! ■HONDA Strikes Back マレーシアGPでの大健闘もあり、ホンダとして期...

続きを読む »


価値観を変える21世紀のカローラ【Corolla Stories 39/50】

2016/10/15 17:33 by   コラム・連載

20世紀最後の年、2000年という年は、極めて大きな意味を持った年だったと言えるでしょう。 自動車メーカーなどの技術を中心とした企業にとっては、20世紀の集大成という意識が強く現れた年だったのです。これまでの結果をしっかりと出す年として、多くの目標の目処ともされてきたのです。 同...

続きを読む »


9代目以降のカローラはまるで外車みたいなドアハンドルを採用【Corolla Stories 38/50】

2016/10/15 09:24 by   コラム・連載

あなたのお家のドアハンドルはどんな形状でしょうか? 身近なはずなのに、聞かれる思い出せないということの一つかと思います。 とりわけこんな質問は、よく考えてみてもなかなか思い出せません。それは、操作があまりにも普通で、意識の中の残りにくいからなのでしょう。つまり、まったく不便な部分がなく何の意識...

続きを読む »


バブル崩壊で縮小!? だけど8代目カローラには見えない大きな特徴があった【Corolla Stories 37/50】

2016/10/12 17:33 by   コラム・連載

すごく頑張ったのだけど、それがあまり感じてもらえないことってありますよね。カローラでもそんな車があるのです。 それが1995年に発表された8代目でした。そのフルモデルチェンジとマイナーチェンジが、すごく頑張ったのです。 この8代目は、NCV=ニューセンチュリーバリューと呼ばれた、...

続きを読む »