おすすめ記事一覧



スバルの検索結果 (1973件ヒットしました。)

高い空力性能が特徴のスペシャリティカー、スバル・アルシオーネ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】 

2017/03/30 16:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

スバル初のスペシャリティカーとして1985年に登場したのが、スバル・アルシオーネです。名前の由来は、スバル星団の中でひときわ明るく輝く星の「アルキオネ」で、スバルのフラッグシップモデルであることを表しています。 リトラクタブルライトを採用し、スーパーカーを彷彿とさせる美しいクーペスタイ...

続きを読む »


22年ぶりに国内で復活!でも、海外では販売され続けていた、スバル・ジャスティ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】

2017/03/30 15:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

スバル・ジャスティは、1984年2月に軽自動車のスバル・レックスをベースにしたリッタカーとして登場しました。3ドアと5ドアハッチバックを設定し、駆動方式はFFとスイッチで切り替え可能なパートタイム4WDを用意していました。 1985年10月に「火の玉ボーイ」というキャッチコピーのついた...

続きを読む »


【富士重からSUBARUへ】1966年から新宿を見つめる「スバルビル」とは?

2017/03/30 14:33 by   ニュース・新車, エンタメ, ビジネス・経済, コラム・連載

富士重工業は、2017年4月1日より「SUBARU」へと社名変更を行ないます。といっても、富士重工業という社名より「スバル」という元々は自動車製品に使われていたブランドで知られている同社ですから、社名変更は自然なものとして受け止められています。 自動車業界では、東洋工業がマツダに社名変更して以...

続きを読む »


コンパクトミニバンのパイオニアとして人気を博すも時代に取り残されていった、スバル・ドミンゴ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】 

2017/03/30 12:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

1983年に登場したスバル・ドミンゴは、軽1BOXカーのサンバートライをベースにした優れたパッケージングに、最高出力48psの1L直3SOHCエンジンを搭載した7人乗りのミニバンです。 1Lエンジンはサンバートライと同様にリアに搭載され、駆動方式はRRとパートタイム4WDの2種類が用意...

続きを読む »


WRCを制覇!スバルの名前を世界に知らしめた、スバル・インプレッサ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】

2017/03/29 16:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

レガシィに代わって世界ラリー選手権(WRC)に参戦用車両として開発されたのが、1992年11月より販売開始されたスバル・インプレッサです。 当時のWRCはルールでベース車からの改良は限定されてたので、インプレッサは市販車でもボンネットをはじめ、フロントフェンダー、フロントロアアームなどにアルミ...

続きを読む »




ステーションワゴン人気を巻き起こした、スバル・レガシィ【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】

2017/03/29 15:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

2016年10月に登場したスバル・インプレッサが採用しているのが、次世代スバルの基礎と言えるスバルグローバルプラットフォーム(以下SGP)です。このSGPのひと世代前となるプラットフォームを初めて搭載したのが、1989年に登場し、日本国内にステーションワゴンブームを巻き起こした初代スバル・レガシィで...

続きを読む »


スバルの駆動方式の始祖。スバル・1000&ff-1【SUBARU誕生カウントダウン特集・富士重工の名車】

2017/03/29 14:33 by   エンタメ, 旧車, コラム・連載, ネタ・小ネタ

縦置きの水平対向エンジン+前輪駆動方式という、現在のスバルの基本駆動方式。そのルーツとなるスバル・1000は1966年5月に登場しました。 当時からFFの駆動方式は優れた操縦性と走行安定性を実現できることはわかっていましたが、ステアリングが重くなることや左右のバランスが悪くなり転倒しや...

続きを読む »


【次世代スバル】はなにが違う? PR

2017/03/28 11:25 by   ニュース・新車, テクノロジー, デザイン, パブリック, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車

インプレッサに続き、次世代スバル第二弾として新型 SUBARU XVがフルモデルチェンジするスバル。SGP=Subaru Global Platformの採用が注目されています。 SGPはスバルの次世代プラットフォームとして様々なモデルに使用できるよう開発されたシャシー。インプレッサの...

続きを読む »


【富士重からSUBARUへ】スバルの名前は四輪車のために生まれた

2017/03/27 11:33 by   ニュース・新車, ビジネス・経済, コラム・連載

スバル車を生み出しているのは富士重工業。クルマ好きであれば当然の知識も、そうでない人にとってはスバル=富士重工業となっているとは限りません。そうした点での統一感を増す意味もあり、2017年4月1日より「SUBARU」と社名変更を行ないます。 ところで、「SUBARU」というブランドは、いつ誕生...

続きを読む »


【覚えてますcar】「カサブランカ」という名前のスバル・インプレッサは、なぜ生まれた?

2017/03/21 16:33 by   エンタメ, エンタメニュース, コラム・連載

『カサブランカ』という言葉から何を思い出すでしょうか。あの名作映画でしょうか、その舞台となったモロッコの都市でしょうか。 しかし、生粋のスバリストなら、1998年末に登場したインプレッサ・スポーツワゴン「カサブランカ」を思い出すのではないでしょうか。 5000台限定で発売された「...

続きを読む »