おすすめ記事一覧

世界唯一無二!マツダRX-8のロータリー・パッケージは、抜群のバランス感覚としなやかな走りが魅力!(その3)【等身大インプレ】

2017/03/18 18:03 by   ニュース・新車, アイテム, 書籍/雑誌/ムービー, 試乗

小田原厚木道路に続いて、いよいよ峠のメッカこと箱根のマツダ・ターンパイクに乗り入れます。

ここであらためて今回レンタルした標準仕様のRX-8をおさらいすると、215PSを発揮する654cc×2のNAロータリーエンジンをフロントミッドに搭載したFRで、5MTを組み合わせています。

観音開きのリアドアを持ち、大人4人がストレスなく乗れる4ドアボディは、走りのために前後重量比50:50を達成。RX-8は、まさしく世界唯一無二のパッケージングを実現しているのです。

ターンパイクの料金所入口を過ぎた上り坂では、さすがは200PSを超えるパワー!  急な勾配でも、アクセルオンで期待通りの加速を発揮。またロータリーエンジンは本当に回りすぎるくらい良く回り、高回転域までパワーがリニアについてきます。クラッチ接続もなめらかで、まるでロータリーが回転差を優しく合わせてくれるようです。

また上りコーナーでは、ホイールベースが2700mmと長いせいか、後輪が車体を押し出しながら旋回していくFR車の特性を実感することができました。

連続コーナーでも、軽いエンジンがフロントミッドに搭載されている上に、フロントのダブルウィッシュボーンとリアのマルチリンクという贅沢なサスペンションの恩恵もあって、狙ったラインを軽快かつなめらかにトレースしていきます。

ターンパイクを上り切る頃には、NAロータリーのリニアな加速となめらかなコーナーリングを堪能している自分がいました。




あなたにおすすめの記事