おすすめ記事一覧

トヨタが「i-ROAD」の進化版「i-TRIL」を公開!【ジュネーブモーターショー2017】

2017/03/11 19:33 by   ニュース・新車, イベント, エンタメ, 映像・動画, コンセプト・プロトタイプ, モーターショー, 海外の話題, 海外ショー, 環境・エコ

トヨタ自動車(以下トヨタ)が、9日に一般公開が始まったジュネーブモーターショーで、「アクティブリーン機構」を搭載した小型EVコンセプトモデル「 i-TRIL」をワールドプレミアしました。

コンセプトモデルの名称である「i」は私、「TRIL」はTRIple(3人)とLean(リーンテクノロジー)を合わせた造語で、デザインはフランス・ニースにあるトヨタの開発拠点ED2が担当。

ドア下辺がフロアレベルまで回り込んでおり、乗降時の足さばきが容易そうです。

同社は以前にも東京モーターショー2013で、旋回時の車体傾きを自動制御する「アクティブリーン機構」を採用した「 i-ROAD」を出展し、大きな話題を呼びました。

翌年にはフランスのグルノーブル市と共同で、同車を使ったカーシェアリングの実証実験を行うなど、世界に先駆けて新技術をアピール。

また2015年10月からは、カーシェアリング事業を手掛ける「タイムズ24」と共同で、パーソナルモビリティ・シェアリングの実証実験「Times Car PLUS×Ha:mo」を都内で運営するなど、「i-ROAD」を使ったカーシェアリングサービスを提供しています。




あなたにおすすめの記事