おすすめ記事一覧

10年目のニュルブルクリンクに挑むスバルWRX STI、富士でシェイクダウン【NBRチャレンジ2017】

2017/03/09 19:10 by   ニュース・新車, モータースポーツ, テクノロジー

3月7日、富士スピードウェイにて、ニュルブルクリンク24時間レースのSP3Tクラス(2リッター以下のターボエンジン搭載車のクラス)で2連覇のスバル/スバル・テクニカ・インターナショナル(STI)が、3連覇を目指して開発中のスバルWRX STIの2017のシェイクダウンが行われました。

ドライブは2連覇を達成している山内英輝選手。

そして監督は昨年に引き続きSTIの菅谷重雄さんが担当。ドライバーは山内選手に加え、カルロ・バンダム選手、マルセル・ラッセー選手、ティム・シュリック選手と、昨年と大きく変わるところは無いようです。

あれ?辰巳さんは?との声も聞こえそうですが、テクニカルアドバイザーとして今年も参加しています。

また全国のスバル特約店から選抜されたメカニックが、今年もサービスに参加します。

チーム運営はSTIスタッフ。そして多くのサプライヤーに支えられながら今年もニュルブルクリンク24時間レースを戦うとのこと。

今年で10年目をむかえるスバルとSTIによるニュルブルクリンク24時間のチャレンジ。3連覇、5度目の優勝へ向けた戦いは、5月25日(木)に開幕、決勝は5月27日(土)にスタート。

全くの新規に製作したと言われるマシンについては、後ほど紹介いたします。

(写真・文:松永和浩)




あなたにおすすめの記事