おすすめ記事一覧

歴代・初音ミクGTマシンが筑波でガチバトル!モーターファンミーティングの「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」

2017/03/02 18:33 by   イベント, モータースポーツ, RQ/コンパニオン, 国内ショー

SUPER GT2017シーズン開幕前に初音ミクのGTマシンの走りが見れちゃう、という太っ腹なイベントが、2月26日に筑波サーキットで開催の「モーターファンミーティング」。

モーターファンミーティングの中ではいくつかの催しが行われていましたが、やはり最大の注目はTC2000のコースをSUPER GT GT300クラスで活躍した、そして今年も活躍するであろうGT3マシンが走りまくると言う「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」。

そのオープニングセレモニーに並んだドライバーの凄さに驚愕。初音ミクのSUPER GTマシンでSUPER GTに出場する谷口信輝選手、片岡龍也選手は当然として、2011年と2014年の歴代チャンピオンマシンには小林可夢偉選手、そして片山右京監督が乗り込みます。

その豪華ラインナップがSUPER GTのGT3マシンでバトルをするというのだけでもドリームなのに、なんとその助手席に乗れてしまうというドリームまでかなえてくれるという「初音ミクGTプロジェクトファン感謝祭」。事前販売された谷口選手、片岡選手、片山監督の助手席は発売と同時に即完売!

そして小林可夢偉選手の助手席は当日の来場者の中から抽選で選ばれます。朝一番に行われた抽選会、応募した来場者にはかなりの緊迫感が!

GT3マシンに特別にレース用のバケットシートで助手席を取り付け、SUPER GTドライバーの横に乗り込みます。同乗走行と言えどかなりガチで攻め込んでいます。その上レースさながらのバトルシーンも展開。

今年度の参戦マシンにも助手席が取り付けられました。

GT3マシンに乗れなかった方々も、抽選でメルセデスAMG GTやA450 AMGの助手席で、元グッドスマイルレーシングドライバーだった佐々木雅弘選手やF4で活躍する河野駿佑選手、スーパー耐久でR35GT-Rに乗る藤波清斗選手、元グッドスマイルの監督でコミュニケーションダイレクターだった全日本ラリードライバーの大橋逸夫さんのドライブを堪能できました。




あなたにおすすめの記事