おすすめ記事一覧

車内にいても熱中症になることも!? 気をつけたい車内熱中症の原因と対策

2016/07/29 16:33 by   エンタメ, ドライブ, ネタ・小ネタ

熱中症というと暑い中で屋外にいると起きるイメージがあると思います。

屋外と比べて車内はエアコンが入っていたり、日が直接当たっているわけではないので、熱中症が起きるとは想像しにくいですよね。

ですが、車内でも熱中症は起こるもの。今回はその原因と対策を紹介していきます。

■車内の気温が予想以上に上がっている

運転席では日が直接当たっていないとしても、ダッシュボードなどは日が当たっていますよね。実はこのときのダッシュボードの温度は70度近くまでなることがあるそうです。また、窓から日が当たっていることもありますよね。実はこれによって、エアコンをつけていても外の気温より暑さを感じることもあるのです。

■エアコンの冷風が後部座席にまで届いていない

ドライバーの人は気づきにくいですが、後部座席にまで十分に冷風が届いていない場合もあります。運転席や助手席が涼しくても、後部座席に座っている人は暑いままなんてことも。

■水分をあまり取っていない

高速道路での渋滞に巻き込まれると、サービスエリアなどにすぐには寄れないためトイレに行くことができなくなります。それを恐れてトイレが近くならないように水分をあまり取らないというのも、熱中症の原因に…。

続いては、そんな車内熱中症への対策を紹介していきます。




あなたにおすすめの記事